2019年1月14日(米国東部時間)、トヨタは米国ミシガン州デトロイト市で開催中の北米国際自動車ショー(通称:デトロイトショー)で新型スープラをワールドプレミア(世界初披露)した。

新型スープラの日本発売は2019年春!?

日本では初代と2代目は「セリカXX」の名で登場したが、ワールドワイドでは5代目にあたる新型スープラは、先代が2002年に生産終了してから17年ぶりに復活した。トヨタ GAZOO レーシングが展開するスポーツカーシリーズ「GR」初のグローバルモデルだ。

画像: タイトなキャビンとワイドなトレッドが強調されたスタイル。

タイトなキャビンとワイドなトレッドが強調されたスタイル。

クルマ好きの人なら御存知と思うが、新型スープラはBMWとの共同開発車で、BMW版は次期Z4になる。エンジン、ミッション、サスペンションなどはBMWが開発したものを採用している。

画像: 絞られたリアエンドにダックテールスポイラーなど、リアビューは独特の印象。

絞られたリアエンドにダックテールスポイラーなど、リアビューは独特の印象。

新型スープラは、卓越したハンドリングや安定したコーナリング姿勢を実現するため、「ホイールベース」「トレッド」「重心高」の3要素を最重要ファクターと捉え、ピュアスポーツカーとしての理想を追求した。

2シーターに割り切ることでホイールベースは86よりも100mm短い2470mmを実現。ホイールベースとトレッドの比は1.55という、ほかの量産スポーツカーと比較してもトップレベルの小さい数値を達成し、優れた回頭性に寄与している。重心高は水平対向エンジンを搭載した86よりも低く、前後重量バランスも50:50を達成している。

画像: 直線基調のインパネが、BMWとの類似性を感じさせる。

直線基調のインパネが、BMWとの類似性を感じさせる。

デザインコンセプトは「Condensed(凝縮された) Extreme(過激な) L6 FR “TOYOTA” Sports」。ショートホイールベースと大径タイヤによりサイドビューはタイヤの存在を強調している。ロングノーズ・ショートキャビンのシルエットが、直6エンジンと2シーターの証でもある。

ダブルバブルのルーフや、ヘッドランプを車両内側に寄せてフェンダーのボリュームを豊かに見せるのは、トヨタ・スポーツカーの伝統を継承している。

画像: RZでは本革&アルカンターラのスポーツシートが採用されている。

RZでは本革&アルカンターラのスポーツシートが採用されている。

インテリアは上下に薄いインパネと高く幅の広いコンソールで、典型的なFRスポーツカーの空間を作り出している。シフトレバーはバイワイヤ式で、8.8インチTFT液晶メーター、大型フルカラーヘッドアップディスプレイなどを装備する。

画像: 写真はRZの直6エンジンだが、カバーに覆われて本体はほとんど見えない。

写真はRZの直6エンジンだが、カバーに覆われて本体はほとんど見えない。

搭載されるエンジンはBMW製の直6 3Lと直4 2Lの2種で、いずれもツインスクロールターボを装着。直6は340psと500Nmを発生。直4はチューニングの違いで258ps/400Nmと197ps/320Nmの2種を設定する。組み合わされるトランスミッションはZF製の8速スポーツATだ。

画像: ラゲッジスペースは、あまり広くなさそう。奥の丸いものはオーディオのスピーカー。

ラゲッジスペースは、あまり広くなさそう。奥の丸いものはオーディオのスピーカー。

サスペンション形式は前:ストラット、後:マルチリンクで、上級グレードにはアダプティブバリアブルサスペンションを搭載し、選択中のドライブモードや路面状況に応じて4輪のダンパー減衰力を最適に制御し、走りと乗り心地を高次元で両立している。旋回性能と安定性を高めるアクティブディファレンシャルも装備する。

画像: RZはLEDヘッドランプを装備している。

RZはLEDヘッドランプを装備している。

日本仕様は、RZ(直6)、SZーR(直4・258ps)、SZ(直4・197ps)の3グレードが設定される予定。
気になる価格は、未発表。
日本での発売は、2019年春頃を予定している。

画像: リアコンビランプのデザインも独特だ。

リアコンビランプのデザインも独特だ。

スープラ RZ(日本仕様) 主要諸元

●全長×全幅×全高:4380×1865×1295mm(社内測定値)
●ホイールベース:2470mm
●車両重量:1520kg(社内測定値)
●エンジン:直6 DOHC+ターボ
●排気量:2998cc
●最高出力:340ps/5000-6500rpm
●最大トルク:500Nm/1600-4500rpm
●トランスミッション:8速スポーツAT
●駆動方式:FR
●価格:未定

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.