年末年始の休みも終わったので「あなたの知らないスーパーカー」も再始動。日本で見かけることの少ない希少なスーパーカーを紹介していこう。全部のクルマを知っていたら、あなたはスーパーカー博士! 今回はイギリスの「NOBLE M600:ノーブル M600」。(ホリデーオート2018年11月号より)

ノーブル M600のエンジンはヤマハ製V8がルーツ?

「NOBLE M600:ノーブル M600」

画像: ちょっとクラシカルな雰囲気を感じさせるのがブリティッシュ・スポーツカーの証か。

ちょっとクラシカルな雰囲気を感じさせるのがブリティッシュ・スポーツカーの証か。

自分だけのスポーツカーを開発するために、リー・ノーブルが20世紀末に設立したのが、ノーブル・オートモーティブ。その小規模なスポーツカーメーカーは、イギリスはレスターシャー州のバーウェルという街にある。

日本にも2005年あたりから一時、正規輸入されていたこともあるので、その名前を知っているクルマ好きも多いことだろう。

画像: スピードスターのインパネ。クーペも基本デザインは変わらない。イギリス車だから、右ハンドルが基本。

スピードスターのインパネ。クーペも基本デザインは変わらない。イギリス車だから、右ハンドルが基本。

ここで紹介するM600は、ノーブルが2009年に発表したモデルで、以来同社のフラッグシップとして位置づけられている。

カーボンコンポジット製のボディはコンベンショナルなクーペスタイルで、全長は4360mm、ホイールベースは2540mm、車重は1198kg。

画像: サポートの良さそうなバケットシートにはボディ同色のステッチが入る。

サポートの良さそうなバケットシートにはボディ同色のステッチが入る。

ミッドシップ搭載されるエンジンは650psの最高出力を誇る4.4LのV型8気筒ツインターボ。これはボルボ製がベースと説明されているから、つまり日本のヤマハ製が、そもそもの基本ということになる。

650ps仕様のほかに、550ps、450psの各仕様を選択できる。650ps仕様では、0-100km/h加速が3秒、最高速は362km/hと公表されている。

画像: 全長は4.4mを切る、スーパーカーとしては比較的コンパクトなスタイル。

全長は4.4mを切る、スーパーカーとしては比較的コンパクトなスタイル。

カーボンファイバー製パーツをふんだんに使ったスペシャルモデルや、オープンのスピードスターも設定されている。

画像: あなたの知らないスーパーカーは、ホリデーオート2018年11月号にも掲載されています。

あなたの知らないスーパーカーは、ホリデーオート2018年11月号にも掲載されています。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.