『トランスフォーマー』『RED』の製作陣と『ジョン・ウィック』のキアヌ・リーブス主演で贈る新作『REPLICAS』が『レプリカズ』の邦題にて2019年5月17日(金)より、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開することが決定した。

キアヌの顔に浮かび上がるアンドロイドのような輪郭が意味するものとは!?

画像1: キアヌの顔に浮かび上がるアンドロイドのような輪郭が意味するものとは!?
画像2: キアヌの顔に浮かび上がるアンドロイドのような輪郭が意味するものとは!?
画像3: キアヌの顔に浮かび上がるアンドロイドのような輪郭が意味するものとは!?
画像4: キアヌの顔に浮かび上がるアンドロイドのような輪郭が意味するものとは!?

本作は愛する家族を失った天才科学者が、彼らを完璧なレプリカとして“甦らせる”という倫理を超えた実験に挑むノンストップSFアクション作品。

主人公は、人間の意識をコンピュータに移す実験を今にも成功させようとしていた天才科学者ウィリアム・フォスター(キアヌ・リーブス)。突然の事故で家族4人を失ってしまった彼は、タブーを犯す決断をする。家族の身体をクローン化し、意識を移し替え、完璧なレプリカとして甦らせることにしたのだ。ただし、彼らの記憶を少し改ざんして―。

家族と幸せな日々を送ろうとするウィリアムだが、研究を狙う政府組織が、サンプルとして家族を奪おうと襲い掛かる。愛する家族のため、暴走した科学者の戦いが今、始まる!

主演の神経科学者ウィリアム・フォスターを演じるのは大ヒットのガンアクションシリーズ『ジョン・ウィック』で復讐に燃える元暗殺者を演じたキアヌ・リーブス。本作では、家族を事故で失った絶望の中、愛する家族を守るため倫理に反した暴走が加速していく科学者を熱演している。

妻役には『スター・トレック イントゥ・ダークネス』のアリス・イブ。 『キングコング:髑髏島の巨神』のジョン・オーティスなどが脇を固める。

製作には『トランスフォーマー』『RED』『MEG ザ・モンスター』のロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラや、『パッセンジャー』などアクションの傑作を生み出してきたメンバーと、『ジョン・ウィック』『ノック・ノック』で製作総指揮を務めたキアヌ本人も名を連ねるという気合いの入りようだ。監督には『デイ・アフター・トゥモロー』で脚本を手がけたジェフリー・ナックマノフが、SFアクション大作に臨む。

そしてこのたびメインビジュアルと場面写真が解禁。家族を守るために危険な実験も顧みない暴走科学者を演じるキアヌ・リーブスが、今にも走りだしそうな狂気を醸し出した、険しい表情を見せる。そしてうっすらとキアヌの顔に浮かび上がるアンドロイドのような輪郭が意味するものとは!?

あわせて解禁となった場面写真では、ウィリアムが暴走するきっかけとなる、家族を事故で失い、泣き叫ぶシーンが。雨の中、絶望に暮れるその姿からは常軌を逸した行動に走ってしまうことがうなずける場面となっている。そして気泡が浮かぶ怪しげなポッドに閉じ込められた人影と息も絶え絶えに苦しむ女性の姿がウィリアムの発明の謎をさらに深まらせる。絶望の淵に立たされたウィリアムの発明は果たして家族を救う奇跡となるのか?自滅の道へ導く大罪となってしまうのか?

突如家族を失ってしまった絶望の中で、誰もが一瞬よぎる考え、“甦らせる”という倫理的ジレンマを描いた本作。愛する家族のために暴走する天才科学者を待つ結末とは?これまでとは違った表情を見せるキアヌの新境地に注目だ。

レプリカズ
2019年5月17日(金) TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開
配給:ショウゲート
© 2017 RIVERSTONE PICTURES (REPLICAS) LIMITED.All Rights Reserved.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.