2019年最初の「コレ何?」。前回と同じ、某コレクションで見つけた平面ボディのRV風オープンカー。ミリタリー・ファンなら知っているかもしれないけれど、どこの国の、なんていうクルマ?

これこそ、世界初のSUVか!?

このクルマの名前は「キューベルワーゲン」。第二次大戦前の1937年から開発された、ドイツの軍用小型車だ。その名が示すとおり、フォルクスワーゲン・ビートルをベースにしている。

従ってエンジンは985cc(後期型では1130ccにアップ)の空冷水平対向4気筒OHVをリアに搭載し、後輪のみを駆動する。

画像: 補強のために凹凸を入れた鋼板製のボディが、いかにも実用本位。フロントウインドーは写真のように前に倒せる。

補強のために凹凸を入れた鋼板製のボディが、いかにも実用本位。フロントウインドーは写真のように前に倒せる。

サイズは全長3.74×全幅1.60mと軍用車両としては比較的小型で、車重も725kgと軽い。駆動輪にリダクションギアを採用してロードクリアランスは29cmもあるので、軽量な車体とRR方式、簡潔な足回りも相まって悪路走破性は高かった。

画像: サイドウインドーは、はめ込み式。巻き取り式のソフトトップも備わるが、軍用車両だからよほどの悪天候時以外に使用することはなかったはず。

サイドウインドーは、はめ込み式。巻き取り式のソフトトップも備わるが、軍用車両だからよほどの悪天候時以外に使用することはなかったはず。

戦後、レプリカが製造されて日本にも導入されているが、この車両は1944年に製造されて実際に使われていたクルマをレストアしたもの。日本の車検をクリアして、「1944」のナンバーを取得している。

画像: シンプルなインパネ。ミッションは4速MT。右に楕円筒型のガソリンタンクが見える(Photo:MazKen)。

シンプルなインパネ。ミッションは4速MT。右に楕円筒型のガソリンタンクが見える(Photo:MazKen)。

コンパクトなボディながら、4枚のドアを持つ4人乗りで、リアシートの後ろには大きなラゲッジスペースもある。まさに、世界初のSUVとも呼べるキューベルワーゲン。第二次大戦終了までに、約5万2000台が生産された。

画像: これこそ、世界初のSUVか!?

このキューベルワーゲンについては、ホリデーオート2019年2月号「モンスターマシンに昂ぶる」で詳しく紹介しています。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.