ついに2019年!本年もよろしくお願い申し上げます。毎月頭にお届けしているロレンス記者たちによる物欲放出連載、本日はSaoriが担当いたします。本日は女性とのお話ネタに盛り上がりそうなモノ・コトをご紹介。

ピアスじゃない、イヤーカフって知ってる?

プエルトリコ出身でアートディレクターのメリッサ・エルナンデスが手掛けるジュエリー「Hernan Herdez(エスナネルデス)」。昨年の春までは「Coyote Negro(コヨーテネグロ)」というブランド名でしたが、よりデザイナー自身の世界観で作品を打ち出していきたいという思いから、本名をもじったブランド名に変更されました。

モダンで彫刻的なアクセサリーを展開するHernan Herdezですが、こちらはイヤーカフ。耳に引っ掛けるだけなので、ピアス穴いらずでどなたでも楽しめる一品です。

シンプルで繊細なのにインパクト抜群!最近増えてるイヤーカフ。わたしはピアス穴は空いているのですが、やや外側に開けてしまったので大きいピアスをすると穴が引っ張られて痛くなってしまうのです…が、イヤーカフならある程度ボリュームがあっても耳への負担が少ないのでこちらへシフト中。女性へ耳元アクセサリーのプレゼントをお探しの方、イヤーカフは要チェックですよ!

しょっちゅうエステに行きたいけどコスパよく済ませたい!

エステとひとことで言ってもリラクゼーション目的やダイエットなどさまざまありますが。今回ご紹介するのはシェイプアップ系のエステです。

毎月定額で通えるセルフエステスタジオ「BODY ARCHI(ボディアーキ)」では、専用アプリで行きたい時間を予約すれば、個室ですきなだけエステマシンを使うことができるのです。

画像1: bodyarchi.com
bodyarchi.com

BODY ARCHIが提案してくれる使用マシンの流れや方法に従えば誰でも簡単にシェイプアップが叶っちゃうという、全女性大歓喜!な施設です。

気になる金額ですが、なんと月1万円からと超良コスパ。BODY ARCHIで使えるマシンを高級エステサロンで施術してもらおうとすると、1回2~3万円程かかってしまうことが多いそう。高!だったら自分でやるからマシンだけ貸して!しょっちゅう通うから!ということが実現しちゃった最高空間です。

予約が埋まっちゃうからほんとうは教えたくないくらいなのですが……女性に教えてあげたら結構盛り上がること間違いなしです。お納めください。

ついでにBODY ARCHIイメージモデルの矢野未希子さんの美しいショットも載せておきます。

画像2: bodyarchi.com
bodyarchi.com

男女ともに見逃せないクリント・イーストウッド最新作が見たい!

2017年に公開された「15時17分、パリ行き」の記憶も新しいですが、88歳とは思えぬハイペースでやってきたクリント・イーストウッドの最新作「運び屋」が観たい。すでにアメリカでは大ヒットスタートを記録しておりアカデミー賞有力との声も上がるなど出だしも好調な様子です。

自らの監督作品で主演を務めるのは『グラン・トリノ』以来、なんと10年ぶりだそう。本作では、2014年に「ニューヨーク・タイムズ・マガジン」に掲載され全米を驚愕させた史上最高齢の“運び屋”アールを演じます。老人が一体なぜ、メキシコの麻薬カルテルと関わることになっていくのか?気になる公開は2019年3月8日(金)。うう、待ちきれない!

本作を知るきっかけとなったスクリーンオンラインによるアカデミー賞有力作品一覧はこちら。

This article is a sponsored article by
''.