シブさを放つブラックの「DLCチタン」か、チタンらしさが際立つ鮮やかな「HEATチタン」か

日本製、そして職人メイドにこだわるマフラーブランド「Nojima」からカワサキZ900RS用の新作チタン製フルエキゾーストが新登場した。

サイレンサーは深みのある黒が特徴の「DLCチタン」と、チタンの美しさをストレートに表現した「HEATチタン」の2タイプがラインナップ。

エキパイはノジマならではの継ぎ目のないスウェージングコニカルパイプを熟練の技術で曲げた「手曲げ」と、美しく磨き上げられた曲げパイプに職人が一本一本焼き入れを行う「機械曲げ」の2種から選べる。

ノジマ伝統のスパイラルコレクターと大容量楕円GTサイレンサーの組み合わせで、全域にわたるパワーアップとジェントルなサウンドが魅力となっている。

画像: GTシリーズ HEATチタンフルエキゾースト 手曲げ

GTシリーズ HEATチタンフルエキゾースト 手曲げ

画像: GTシリーズ DLCチタンフルエキゾースト 手曲げ

GTシリーズ DLCチタンフルエキゾースト 手曲げ

画像: シブさを放つブラックの「DLCチタン」か、チタンらしさが際立つ鮮やかな「HEATチタン」か

【対応車種:カワサキZ900RS/CAFE 2018-19年式】

■GTシリーズ DLCチタンフルエキゾースト
手曲げ 25万5,000円(税抜)
機械曲げ 21万8,000円(税抜)

■GTシリーズ HEATチタンフルエキゾースト
手曲げ 25万円(税抜)
機械曲げ 21万3,000円(税抜)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.