純正ハンドルよりも垂れ角が付き、前傾姿勢が取りやすくなる!

オートバイ総合用品メーカーのアクティブからカワサキNinja400/250(2018年モデル)用のセパレートハンドルキットが新登場した。

純正よりも垂れ角を付け絞ることで前傾姿勢を導くハンドルと、フロントスプリングに荷重をかけプリロードをかけるアジャスターが同時にリリース。

いずれも2019年1月中旬デリバリーとなる。

画像: ■アクティブ セパレートハンドルキット 20,000円(税抜)

■アクティブ セパレートハンドルキット 20,000円(税抜)

画像: ■ハイパープロ プリロードアジャスター 16,500円(税抜)

■ハイパープロ プリロードアジャスター 16,500円(税抜)

プリロードアジャスターは、ノブ半回転で0.5㎜ずつプリロードがかかり、タンデムや荷物積載時など、シーンに合わせてスプリングの初期荷重を変えることができる。なお、Ninja400の場合は同じハイパープロ・ブランドのフロントスプリングを合わせて装着すると特に効果的なようだ。

画像: 純正ハンドルよりも垂れ角が付き、前傾姿勢が取りやすくなる!
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.