2018年12月26日、トヨタはコンパクトカーのヴィッツ誕生20周年を記念した特別仕様車「F “セーフティエディション III”」「ハイブリッド F “セーフティエディション III”」を設定し、2019年1月7日に発売する。

ヴィッツに安全機能を特別装備した「セーフティエディション」

今回の特別仕様車は、「F」と「ハイブリッド F」をベースに、予防安全パッケージのトヨタ セーフティセンスやインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]などの安全装備を特別装備した。

画像: ハイブリッド F “セーフティエディション III”。ボディカラーは、センシュアルレッドマイカ(オプション装着車)

ハイブリッド F “セーフティエディション III”。ボディカラーは、センシュアルレッドマイカ(オプション装着車)

さらに、バイビームLEDヘッドランプやLEDクリアランスランプ、フロントフォグランプ、コンライト(自動点灯・消灯システム)といった夜間の運転をサポートする機能や、クルマへの乗り降りなどに便利なスマートエントリーセット(スマートエントリー&スタートシステム、イルミネーテッドエントリーシステム)も特別装備。

画像: ハイブリッド F “セーフティエディション III”のインテリア。

ハイブリッド F “セーフティエディション III”のインテリア。

また、スタンダードフロントシート(分離式ヘッドレスト)とグレー&ブラックの専用ファブリック表皮を採用するとともに、ライトグレーの専用ステッチ(前席のみ)をあしらい、インパネのオーナメント部にはオーバル(楕円形)ドットパターンを採用するなど落ち着きのある印象を与えている。
さらにドアハンドルやエアコン吹き出し口など、随所にメッキ加飾を施し、上質感を高めている。

税込み価格は、1.0L(FFのみ)が138万5640円。1.3LのFFが157万320円、4WDが171万720円。1.5L+モーターのハイブリッド(FFのみ)が190万800円。ミッションは、ハイブリッドは電気自動車、それ以外はCVTのみ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.