街道に潜むダークトーン

フェアリングを持たないSならではのマッシブなスタイリングを引き締めつつ、その陰影で隆々とした表情を浮かび上がらせるブラックモノトーン仕様。高品質の機能部品が醸し出す躍動感と、駄肉を削ぎ落とし力がこもった一体感は、俊足機敏なキャラクターも相まり、その姿は獲物を捕らえんとする黒豹の様である。

画像: 街道に潜むダークトーン

温度を奪われた路面のリスクは知っている、だから相棒にはSを選ぶ

アプローチを変えると同じ道でも新たな発見が!

ストレートに自分の欲求を叶えたい、遠回りはごめんだ! 自分の置かれている状況で、最大最強の武器を手に入れたくなるのは当然でしょ? 一振りで全てが解決するなら、それに越したことはないよね?

 日々のストレスを抱えているというのは大袈裟かもしれないけど、バイクに乗る時ぐらいは日常から一気にトリップしたいよね? でも、道こそが社会で、ルールに縛られ閉塞された空間なのかもしれない……実はそこに自由はない……考え過ぎ? 思う様に走れない事が多々ある中で、足下を再確認して、「乗らされている」自分に気付いた時、自分を見つめ直す事が出来た。

 今までと、往く道は同じでも、また走行する距離は同じでも、自分らしく、自分の技術でトライアルしてみたい。そんなボクは、新たな相棒にGSX -S750 ABSを選んでみた。

絶対的なサポート力が備わっているからこそ、安心しながら今までにないチャレンジングな新しい自分になれた気がした。

画像: アプローチを変えると同じ道でも新たな発見が!

ナナハンだから価値のある絶妙なバランス!

 現在、レーシングシーンではカテゴライズされていない750㏄クラスだが、連綿とその750㏄パワーパッケージをリリースし続けるSUZUKI。ミドルクラスの600でもなければ、トップカテゴリーの1000でもない、その両者の間の良いトコ取りといった具合の750㏄に価値を見出しているからこそ、そのストリートマシンとして練られたGSX -Sシリーズにも採用されているのだ。

 いわゆる鉄フレームを採用する事で、GSX -S1000 ABSよりも車重が重くなっているが、不思議とその重量感を感じることはなかった。むしろ1000同様に、一旦クラッチが繋がってタイヤが転がり出した瞬間から、太いトルクが沸き上がり、車重を感じることが出来ないくらい滑る様に走り出してくれるのだ。

 しかも、強固過ぎないフレームで、パワーユニットを含む構成部品のマスの集中化により、あたかも凝縮されたかの様な車体は、低速域で振り回す際に軽やかなステップを踏んでくれるので際立って好印象である。これは、1000にはないパワーユニットの軽さが与える影響といえよう。昔のナナハンの巨大なイメージは一切なく、むしろミドルクラスモデルと言っても過言ではない軽快さが特長となっている。

画像: ナナハンだから価値のある絶妙なバランス!

SUZUKI GSX-S750ABS

価格=96万9,840円(税込)

ミドルネイキッド・GSR750の後継として2017年にデビューしたGSX-S750。GSX-R750用をベースにネイキッド向けにリファインされた水冷直4エンジンと、スチール製のフレームという主要なパーツはGSRから受け継がれ、 そこにGSX-S1000譲りのスタイルを組み合わせたモデルだ。しかしエンジンも車体も大きく見直され、トラクションコントロールの採用などと合わせ、GSR以上にストリートでのエキサイティングな走りを楽しめるモデルに生まれ変わり、完成度がさらに高まった。

画像1: 価格=96万9,840円(税込)

コンパクトだがワイルドな雰囲気のビキニカウルが印象的なフロントマスク。兄貴分であるGSX-S1000 ABSのものと同様に、ヘッドライトの両下端に猛獣の牙をモチーフとしたポジションランプも装備されているのが、シリーズ共通のイメージを感じさせる部分。

画像2: 価格=96万9,840円(税込)

全長×全幅×全高 2125×785×1055 ホイールベース 1455 シート高 820 車両重量 212kg エンジン形式 水冷4ストローク直列4気筒DOHC4バルブ 総排気量749cc
ボア×ストローク 72×46 最高出力 112PS/10500rpm 最大トルク 8.2kgm/9000rpm 燃料供給方式 FI 燃料タンク容量 16L 変速機形式 6速リターン タイヤサイズ前・後 120/70ZR17180/55ZR17 価格 969840円(税込)

-撮影:柴田直行 モデル:小野塚雅人 文:小松信夫/編集部 ウエア協力:--AraiHelmet KADOYA-

GOGGLE (ゴーグル) 2019年2月号 [雑誌]

モーターマガジン社 (2018-12-22)
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.