2台のSがエキサイティングにする日常。

SUZUKI のハイエンドモデルに許される「R」の称号を与えられたGSX-Rシリーズと、その兄弟車と言えるGSX-Sシリーズ。主戦場は違え、それぞれのステージで求められる性能が異なる事で、キャラクターだけではなくその凄みが受け取れるほどに進化を遂げている。そして、GSX-S1000 ABSとGSX-S1000FABS、ストリートスプリンターが見せる横顔とは! ?

画像: 2台のSがエキサイティングにする日常。

シンプルに風と対峙する時間が欲しかった。

画像: シンプルに風と対峙する時間が欲しかった。

大胆に身体を晒し、大気を切り裂く醍醐味を味わいたいなら。

パフォーマンスに淀みなし即応えてくれる素直さ

 ダイナミックなスポーツライディングにも応えてくれる、そんな車体に惚れ込んで跨がってみたけど、今までのどんなバイクとも違った……。マッシブな見た目とは裏腹に、とても芯がまとまっていて隙がなく、シェイプアップされたボディはリッタークラスとは思えないコンパクトさで、それでいて気兼ねなく扱えるライディングポジションがとてもフレンドリーなんだ。
 こんなにストリートライダーに寄り添った、贅沢なモデルがあっただろうか? 状況、環境おかまいなしに、ゼロからハイパフォーマンスを味わいたい、即戦力で勝負の街道レーサー気取りのボクにはピッタリ! ちょっと、うそぶいてみたけど、普段から街乗りをするボクにとってGSX -S1000ABSは、手軽にそして気軽に付き合える、それでいてハイエンドなパフォーマンスにも浸りたい、そんな欲求に応えてくれる1台だったんだ

画像: パフォーマンスに淀みなし即応えてくれる素直さ

ノンカウルモデルの特長に磨きを掛ける。

ストリートユースに主眼を於いて開発されたGSX -S1000 ABS。エンジンやフレームなどのベースはGSX -R1000Rだが、それはまったくの別モノとして、求められるシーンでの欲求に準じて開発されたオリジナルバイクといっても過言ではないだろう。ただし、色濃く流れる血筋はGSX -R1000Rなので、そのポテンシャルは走行ステージをハイウェイに変えても尚余りあるものだ。

 高いポテンシャルを意のままに操る為に、電子制御部品を豊富に取り組んだフラッグシップのGSX -R1000R ABSに対し、GSX -S1000 ABSは最高出力を抑え、常用域でのパフォーマンスを重視し街乗りですらエキサイティングな走りを実現させる演出がされている。低速から沸き上がる太いトルクと、エンジン吸気音などが奏でるエモーショナルなサウンドは、獰猛な猛禽類イメージのスタイリングにリンクする個性を発揮する。

 しかも、俊敏で軽快なステップワークは、ノンカウルバイクの特権とばかりに磨きを掛け、リッターバイクであることを忘れさせてくれるのに十分なものとなっている。

画像: ノンカウルモデルの特長に磨きを掛ける。

SUZUKI GSX-S1000 ABS

価格=113万1,840円(税込

GSX-S1000 ABSは、GSX-R1000用をストリート向けにリファインしたパワフルかつフレキシブルな水冷直4エンジンを、専用設計の軽量なアルミフレームに搭載。高精度なサスペンションにABSやトラクションコントロールなどの電子制御デバイスも装備し、独特の獰猛なイメージのスーパーネイキッドスタイルでまとめた、エキサイティングさ満点のビッグネイキッドスポーツだ。

画像: 価格=113万1,840円(税込

「野獣が持つしなやかで美しい体つき」をモチーフにデザインされたGSX-S1000 ABSのスタイリング。その顔でともいうべきビキニカウルも印象的だが、ヘッドライト下部の左右に見える尖ったLEDポジションランプは、そんな野獣の鋭い牙を表しているのだという。

全長×全幅×全高 2115×795×1180 ホイールベース 1460 シート高 810 車両重量 209kg エンジン形式 水冷4ストローク直列4気筒DOHC4バルブ 総排気量 998cc ボア×ストローク 73.4×59 最高出力148PS/10000rpm 最大トルク 10.9kgm/9500rpm 燃料供給方式 FI 燃料タンク容量 17L 変速機形式 6速リターン タイヤサイズ前・後 120/70ZR17190/50ZR17価格 1131840円(税込)

撮影:柴田直行 モデル:小野塚雅人 文:小松信夫/編集部

ウエア協力:AraiHelmet KADOYA Alpinestars

GOGGLE (ゴーグル) 2019年2月号 [雑誌]

モーターマガジン社 (2018-12-22)
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.