2018年12月26日、アストンマーティンは2019年1月11日(金)〜13日(日)に千葉県の幕張メッセで開催される東京オートサロン2019に出展すると発表した。

アストンマーティンはAMRを中心としたプレゼンテーションブースを予定

アストンマーティンが東京オートサロンに出展するのは、今回が初めて。出展内容はAMRをコンセプトにしたブースを予定している。AMRとは、アストンマーティンにおけるレースの血統を反映し、モータースポーツからテクノロジーとインスピレーションを受けて、モデル ラインアップ全体にわたってスポーティな本質の強化を図ることを目的としたサブブランドだ。

画像: 639psと700Nmを発生する5.2LのV12ツインターボを搭載した、アストンマーティン DB11 AMR。

639psと700Nmを発生する5.2LのV12ツインターボを搭載した、アストンマーティン DB11 AMR。

それぞれの動力性能を強化し、よりシャープなハンドリングとパワフルなデザインを付与することで、AMRはアストンマーティンのロードカーを新しいエキサイティングな高みへと導いている。

画像: メルセデスAMGから供給される4LのV8ツインターボ(510ps/685Nm)を搭載した、ヴァンテージ。

メルセデスAMGから供給される4LのV8ツインターボ(510ps/685Nm)を搭載した、ヴァンテージ。

ブースにはDB11 AMRと、2017年に世界同時発表されたヴァンテージの2台が展示される。また、アストンマーティン社のヴァイスプレジデント兼AMRのプレジデントであるデイビッド・キング氏によるプレスカンファレンスも行われる予定だ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.