2018年12月25日、三菱自動車は2019年1月11日(金)から13日(日)まで千葉市美浜区の幕張メッセで開催される東京オートサロン2019の出展概要を発表した。

東京オートサロンの三菱は、最新モデルやカスタムカーを7台参考出品

三菱自動車の出品車は、2018年度内に発売を計画している新型デリカD:5を3台(ノーマル、アーバンギア、純正用品提案車)、アウトランダーPHEVとエクリプス クロスのカスタムカー「ストリートスポーツ」、さらにアウトランダーPHEVとエクリプス クロスに用品を装着した「純正用品提案車」の、合計7台を参考出品する。

新型 デリカD:5

画像: 新型 デリカD:5

フロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」やマルチLEDヘッドライトを採用したエクステリアが特徴的。洗練されたモダンなデザインの「アーバンギア」も設定された。また、LEDワーキングランプを装着したヘビーデューティキャリアや、サイド・リア アンダーガードバーなどを装着した純正用品提案車(写真)も出展される。

アウトランダーPHEV ストリートスポーツ

画像: アウトランダーPHEV ストリートスポーツ

チタニウムグレーメタリックとブラックマイカの2トーンボディをベースに、ストライプ模様のグラフィックと、前後バンパーやサイドシルガーニッシュなどにアクセントのイエローを配色。

エクリプス クロス ストリートスポーツ

画像: エクリプス クロス ストリートスポーツ

アウトランダーPHEVと同様の2トーンボディをベースに、前後・サイドのエクステンションにアクセントのイエローを配色。前後バンパーガーニッシュやテールゲートスポイラーも装着。

なお三菱自動車のブースでは、1月13日(日)14時からテリー伊藤氏やデリカD:5の開発陣によるトークショーを開催する予定だ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.