2018年12月21日、ジャガー・ランドローバー・ジャパンからジャガーEペイスの2019年モデルの詳細が発表され、新たに2Lガソリンエンジンを追加し、ラインナップを全30モデルに拡充して登場した。Eペイスの2019年モデルは、12月21日より正規販売ディーラーネットワークで受注が開始されている。

豊富なバリエーションも魅力のジャガーEペイス 2019年モデル

スポーツカーのようなドライビングパフォーマンスを持つSUVとして人気のジャガーEペイスの2019年モデルが登場、新たに2L 直列4気筒インジニウムガソリンエンジン(最高出力200ps/最大トルク320Nm)を追加し、ラインナップをさらに拡充した。また同時に価格体系も見直され、443万円から749万円と魅力的なものになっている。

装備面では、人工知能(AI)アルゴリズムを備えドライバーの好みに応じて温度設定やインフォテインメント、シート位置等を自動調整する「スマートセッティング」を新たに搭載。さらに、離れた場所から車の情報を確認・操作できる「リモート」を全グレードに標準装備し、スマートフォンと連動する機能「InControlアプリ」、「Wi-Fiホットスポット」を装備するなど、コネクティビティを強化している。

ボディカラーは、ナルヴィックブラックを追加して全12色となった。

ジャガーEペイス 2019年モデルのラインナップは次のとおり。

画像: 豊富なバリエーションも魅力のジャガーEペイス 2019年モデル
画像: ボディカラーカラーは、ナルヴィックブラック、フジホワイト、カルデラレッド、サントリーニブラック、ユーロンホワイト、コリスグレー、インダスシルバー、フィレンツェレッド、シージアムブルー、ボラスコグレー、ファラロンブラック、シリコンシルバーの全12色。

ボディカラーカラーは、ナルヴィックブラック、フジホワイト、カルデラレッド、サントリーニブラック、ユーロンホワイト、コリスグレー、インダスシルバー、フィレンツェレッド、シージアムブルー、ボラスコグレー、ファラロンブラック、シリコンシルバーの全12色。

画像: 2019年モデルでは、AI学習機能を備え、ドライバーの好みに応じて温度設定やインフォテインメント、シート位置等を自動調整する「スマートセッティング」を標準装備。日本仕様は右ハンドル。

2019年モデルでは、AI学習機能を備え、ドライバーの好みに応じて温度設定やインフォテインメント、シート位置等を自動調整する「スマートセッティング」を標準装備。日本仕様は右ハンドル。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.