冬に走るのは過酷ですけど「それでもツーリングが好き!」というモチベーションが高いライダーの皆さんは必見です。スズキのVストローム250で東京~三重まで日帰りツーリングに女子ライダーが挑戦。さて、どうなる?

ここから帰るって(笑)

画像1: ここから帰るって(笑)

日が暮れてから三重を出て、東京まで帰るとか普通ありえない行程ですね。

しかし、カメラマンが捉えました……

写真拡大!

画像2: ここから帰るって(笑)

笑ってる……帰り道も走り出したら即、笑顔でした。

すごい。ちょっとした衝撃です。

快適なのは知っていましたけれど、Vストローム250って実はものすごいバイクなんじゃないか?と軽く戦慄しています。

画像3: ここから帰るって(笑)

帰りは一気に走りますから新東名でワープ。

ペースの落ちないVストローム250の高い巡航力が遺憾なく発揮されます。

画像4: ここから帰るって(笑)

掛川PAのマッサージチェアで英気を養って、『静岡おでん』で超回復!

画像5: ここから帰るって(笑)

帰り道に静岡SAで給油もしました。

前回の給油から315km走って、給油量は10.89L。

今回はリッターあたり28.9Lの燃費でした。

年末のせいかトラック祭りで巡航速度が上がらなかったのが逆に功を奏したようです。

画像6: ここから帰るって(笑)

結局、あれよあれよと東京まで戻ってこれてしまいました。

そして最終的に……

画像7: ここから帰るって(笑)

本日の総走行距離826.3km!

控えめに言って、とんでもないパフォーマンスです。

もはや250ccの常識を完全に超えてますね……

画像8: ここから帰るって(笑)

排気量250ccで限界があるからこそ、その限られたパワーを快適性に完全に振り切った設計。

パワフルさを誇示せずスムーズさに特化することで、どこまでもライダーを守る。

スズキらしい、他にはないバイクの作り方ですよね。

画像9: ここから帰るって(笑)

スズキのバイクって最高峰&最速の200馬力級スーパースポーツGSX-R1000Rだって、乗ってみるとすごく乗り手に優しいんです。

そんなふうに優しさを大切にするスズキ車の中でも、Vストローム250こそがトップクラスの優しさを標準装備しているのだと感じました。

画像10: ここから帰るって(笑)

まぁでも……真に恐るべきはステラちゃんのタフさのような気もしますけどね(笑)

でも、それをパーフェクトに支えきったバイクだって相当スゴいでしょう?

だから皆様。

ステラちゃんとVストローム250の旅に、大きな拍手をお願いします!

250cc最強旅バイクの詳細はコチラです!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.