2018年12月18日、ボルボV40とV40クロスカントリーに特別仕様車 「タックエデイション(Tack Edition)」「クラシックエディション(Classic Edition)」が設定されて登場した。特別仕様車という設定だが、台数などに制限はなく、これによりV40/V40 クロスカントリーシリーズのラインナップがさらに充実することになる。

V40 / V40 クロスカントリーのお買い得感がさらにアップ

今回設定された「タックエデイション」は1.5L 直4ターボエンジンを搭載する「V40 T3 キネティック」と2L 直4ターボの「V40クロスカントリー T5 AWDモメンタム」をベースに、PCC(パーソナルカーコミュニケーター) キーレスドライブやシートヒーターなどを装備した特別仕様車。

もうひとつの「クラシックエディション」は、1.5L 直4ターボエンジンを搭載する「V40 T3 インススクリプション」と2L 直4ターボの「V40 Cクロスカントリー T5 AWD サマム」をベースに、パノラマガラスルーフ、リアシートヒーターなどを装備した特別仕様で、「タックエデイション」「クラシックエディション」とも、全6色のカラーコンビネーションを設定している。

ベーシックモデルの「タックエデイション」と充実した装備が特徴の「クラシックエディション」がラインナップに加わることにより、V40 / V40 クロスカントリーのお買い得感がさらに増している。

今回導入された特別仕様は次の4モデルとなる。

画像: V40 / V40 クロスカントリーのお買い得感がさらにアップ
画像: V40 クロスカントリー T5 AWD クラシックエディション(左) V40 T3 タックエデイション(右)。「タック=Tack」はスウェーデン語で「ありがとう」の意味。

V40 クロスカントリー T5 AWD クラシックエディション(左) V40 T3 タックエデイション(右)。「タック=Tack」はスウェーデン語で「ありがとう」の意味。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.