2018年12月13日、メルセデス・ベンツ日本はプラグインハイブリッドモデル「メルセデス・ベンツ S 560 e ロング」を発表、正規販売店ネットワークで販売を開始した。

13.5kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載

今回発表されたメルセデス・ベンツ S 560 e ロングは、メルセデス・ベンツがエレクトリックモビリティの新しいブランドとして立ち上げたEQ(エレクトリックインテリジェンスを示す)パワーのモデルで、最高出力367ps/最大トルク500Nmの「M276」3L V型6気筒ツインターボエンジンと最高出力122ps/最大トルク440Nmのモーターを組み合わせたプラグインハイブリッドとなる。

そのシステム総合の最高出力は476ps/最大トルクが700Nmと、パワフルでスムーズな加速を実現。また、130km/hまではモーターのみでの走行が可能で、電気自動車のように使用することも可能となっている。

モーターの出力向上とともに、リチウムイオンバッテリーの蓄電容量を13.5kWhに拡大しEVレンジ40.1km を達成するなど使い勝手も向上させているのが大きなポイントだが、この13.5kWhのリチウムイオンバッテリーは従来の「S 550 e ロング」より約55%の容量増としながら大幅に小型化されているという。

車体側の充電器と充電用ウォールユニットの両方が6.0kW充電に対応可能となったことで、充電にかかる時間を大幅に短縮しているのもポイントだ。

注目は「インテリジェントアクセルペダル」で、これには2つの機能がある。

「プレッシャポイント機能」は、EV走行モードの際、これ以上アクセルを踏むとエンジンも使用しなければならないというモーター走行の限界点でアクセルペダルの抵抗を増してドライバーに知らせることにより、無駄なエネルギーの消費を抑えるドライビングを実現するもの。

「ダブルパルス機能」は、レーダーで先行車両との車間距離と速度差を計測し、ドライバーが不要な加速操作を行っている場合、アクセルペダルに2回のノックパルスを発生させて知らせ、不要なアクセルワークを防ぐというものだ。

なお「S 560 e ロング」には「メルセデス・ケア」が適用されるほか、リチウムイオンバッテリーをはじめとするすべての部品に4年間の特別延長保証も適用され、合計7年間保証が付いている。

メルセデス・ベンツ S 560 e ロングの価格は1697万円、仕様は次の通りとなっている。

画像: 13.5kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載
画像: エンジンによる力強い動力性能に高出力モーターのブースト機能がプラスされることにより、アクセル操作に対応する素早いレスポンスとともに途切れることのない加速感覚を実現。

エンジンによる力強い動力性能に高出力モーターのブースト機能がプラスされることにより、アクセル操作に対応する素早いレスポンスとともに途切れることのない加速感覚を実現。

画像: 走行モードを選択することによって効率よくパワーを使うことが可能。

走行モードを選択することによって効率よくパワーを使うことが可能。

画像: 室内をあらかじめ快適な温度に調整しておいてくれるといった便利な機能も装備。

室内をあらかじめ快適な温度に調整しておいてくれるといった便利な機能も装備。

画像: 新開発の大容量高性能リチウムイオンバッテリー(37Ah)の採用により、充電時間が大幅に短縮され、フル充電の状態で40.1kmのEV走行が可能。近距離の走行などは、クリーンで静かなEV走行のみで行える。

新開発の大容量高性能リチウムイオンバッテリー(37Ah)の採用により、充電時間が大幅に短縮され、フル充電の状態で40.1kmのEV走行が可能。近距離の走行などは、クリーンで静かなEV走行のみで行える。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.