2018年12月13日、三菱はコンパクトSUVのエクリプスクロスを一部改良したと発表。同日から253万9080円~310万7160円で販売する。

ランエボにも採用された「AYC」を、三菱エクリプスクロスのFFモデルに!

ランサーエボリューションやパジェロ、デリカなどラリーで活躍した車種が多く、三菱といえば4WDというイメージを持っている人もいるだろう。レースで培った4WD技術は市販車に落とし込まれ、クルマの性能、個性を高めている。

ただ、こうした技術は決して4WDだけのものではない。FFに採用することで旋回性能を高めることもできるのだ。そのひとつが、かつてコーナリング性能の高い4WDとして知られたランサーエボリューションにも採用された「AYC(Active Yaw Control/アクティブヨーコントロール)」だ。

画像: 三菱エクリプスクロスのFFモデルにAYCを搭載。

三菱エクリプスクロスのFFモデルにAYCを搭載。

ブレーキの制御によって左右輪間の駆動/制動力配分をコンントロールする「AYC」システムが、エクリプスクロスの一部改良でFFモデルに標準装備された。これによって、軽快感や回頭性、旋回性能を高めるというのだ。

このほかにも、三菱エクリプスクロスの一部改良で、

・遮音性の高いフロントドアガラスに変更し、風切り音を低減(Mグレードを除く)
・パワーウインドウスイッチに照明を追加
・運転席から全席のパワーウインドウをワンタッチでオート開閉できる機能を追加
・挟まれ防止機能(オート開閉時)を全席のパワーウインドウに設定
・運転席/助手席シートヒーターを全グレードで標準装備
・Mグレードの16インチアルミホイールを切削光輝仕上げに変更
・ルーフレールのレス仕様をメーカーオプションに設定

と、走行性能だけでなく、利便性や快適性など多くの性能を高めてきた。

これだけ機能が増えたのだから車両価格も跳ね上がるのかと思いきや、上がり幅は約6500円〜約1万2000円とかなりお得である。

画像: これまで本革シートのセットオプションだったシートヒーターが、ファブリックシートに標準装備。三菱エクリプスクロス。

これまで本革シートのセットオプションだったシートヒーターが、ファブリックシートに標準装備。三菱エクリプスクロス。

三菱 エクリプスクロス 車両価格

M 2WD:253万9080 円
M 4WD:275万5080 円
G 2WD:271万8360 円
G 4WD:293万4360 円
G Plus Package 2WD:289万1160 円
G Plus Package 4WD:310万7160 円

※すべて1.5L 直4 DOHCターボ+8速スポーツモード付きCVT

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.