2018年12月13日、三菱自動車はコンパクトカーのミラージュ、クロスオーバーSUVのエクリプス クロスとアウトランダーに特別仕様車「BLACK Edition(ブラックエディション)」を設定して発売した。

ミラージュ、エクリプス クロス、アウトランダーにブラックをアクセントカラーとした特別仕様車を設定。

それぞれの商品概要を説明しておこう。

ミラージュ ブラックエディション

画像1: ミラージュ ブラックエディション

上級グレードのGをベースに、エクステリアはルーフ、スポイラー、ドアミラーをブラックマイカとし、ブラック塗装の専用15インチアルミホイールを採用。ボディカラーは、2トーンを4色とモノトーンのブラックマイカを設定。

画像2: ミラージュ ブラックエディション

インテリアではブラックとレッドファブリックを組み合わせた専用2トーンシートに加え、アクセントにレッドステッチを施したシートや専用本革巻きステアリング&シフトノブを採用している。

エクリプス クロス ブラックエディション

画像1: エクリプス クロス ブラックエディション

上級グレードのG プラスパッケージをベースに、ドアミラーと前後スキッドプレートをブラックマイカとし、ブラックマイカ加飾付きサイドドアガーニッシュ、ピアノブラックのフロントグリル、ブラック塗装の専用18インチアルミホイールを採用。

画像2: エクリプス クロス ブラックエディション

アウトランダー ブラックエディション

画像1: アウトランダー ブラックエディション

上級グレードのG プラスパッケージをベースに、ドアミラーと前後スキッドプレートをブラックマイカとし、ブラックマイカ加飾付きサイドドアガーニッシュ、ブラックメッキのフロントグリル、ブラック塗装の専用18インチアルミホイールなどを採用。

画像2: アウトランダー ブラックエディション

インテリアではスエード調人工皮革のコンビネーションシートを標準装備とし、前席にヒーター付きパワーシートを追加している。

それぞれの価格は、以下のとおり。

画像3: アウトランダー ブラックエディション

ホンダのブラックスタイルに続き、三菱はブラックエディション。2019年は、ブラックが流行色となるのだろうか?

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.