2018年12月13日、スズキは軽乗用車のアルトとアルト ワークスを一部仕様変更して発売した。

予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」の機能を充実

アルトでは、前方の車両や歩行者の検知を可能とした衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」を採用したほか、後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」、車線逸脱警報機能やハイビームアシストなどを追加し、スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」の機能を充実させた。これは、セーフティ・サポートカーの「サポカーSワイド」に相当する。

画像: アルトX ディスチャージヘッドランプ装着車。ボディカラーは、ピュアレッド。

アルトX ディスチャージヘッドランプ装着車。ボディカラーは、ピュアレッド。

インテリアでは、シート表皮の色にネイビーを、インパネやドアトリムガーニッシュの色にグレージュを採用するなど、落ち着いた室内空間に仕上げた。また、ディスチャージヘッドランプをメーカーオプション設定(アルトSおよびX)した。

画像: アルトX 4WD車のインパネ。

アルトX 4WD車のインパネ。

画像: アルトX 4WD車のインテリア。

アルトX 4WD車のインテリア。

アルト ワークスは、5速AGS社に衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」などを標準装備したほか、車体色にはブリスクブルーメタリックを新設定した。

画像: アルト ワークス 5AGS車。ボディカラーは、ブリスクブルーメタリック。

アルト ワークス 5AGS車。ボディカラーは、ブリスクブルーメタリック。

価格(税込み)は、以下のとおり。

画像: 予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」の機能を充実
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.