80年代中盤からのオフロードブームの勢いもあって、90年代のオフ車はコンペモデル同様の本格的なモデルからフレンドリーなモデルまで充実したラインアップがあった。今となっては見ることが少なくなった90年代オフロードバイクをピックアップ!

初心者からベテランまでが納得できるラインアップ

80年代といえばレーサーレプリカブームだということが頭に浮かぶ人も多いことだろう。確かに、バイク市場の割合で考えれば、間違いなくそこがメインなのであるが、実はそれだけでなく80年代は日本にとって特別な10年間。

バイクそのものがブームで、多種多様の流行りが生まれた時でもある。

そんなブームの一つに「林道ブーム」があった。

走破性の高いホンダXL250SやカワサキKL250に加え、85年「二輪二足」のコンセプトでセローが登場し、週末は山にバイクが押し寄せることになったのだ。

そんな90年代に活躍したオフロードバイク達を振り返ってみたい。

1991/4 HONDA XLディグリー

画像: 1991/4 HONDA XLディグリー ●水冷4ストDOHC4バルブ単気筒●249㏄ ●25PS/8000rpm●2.5㎏-m/6500rpm ●119㎏●2.75-21・4.60-18●37万9000円

1991/4 HONDA XLディグリー
●水冷4ストDOHC4バルブ単気筒●249㏄
●25PS/8000rpm●2.5㎏-m/6500rpm
●119㎏●2.75-21・4.60-18●37万9000円

セローに対抗するフレンドリーモデルとして登場したディグリー。足つき性の良さと119㎏の車体でビギナーにも好評だったオフロードモデル。エンジンはAX-1ベースでNSシリンダーを採用した水冷DOHC4バルブで、セルスターターを装備。

1991/1 YAMAHA DT200WR

画像: 1991/1 YAMAHA DT200WR ●水冷2スト・クランクケースリードバルブ単気筒●199.7㏄●35PS/9000rpm ●3.0㎏-m/8000rpm●107㎏ ●3.00-21・4.60-18●41万9000円

1991/1 YAMAHA DT200WR
●水冷2スト・クランクケースリードバルブ単気筒●199.7㏄●35PS/9000rpm
●3.0㎏-m/8000rpm●107㎏
●3.00-21・4.60-18●41万9000円

DT200Rの後継車。競技用モデルをベースに開発し、フレームはYZベース、Fフォークは倒立、Rサスはセッティングが可能だ。

1992/5 SUZUKI RMX250S

画像: 1992/5 SUZUKI RMX250S ●水冷2スト・クランクケースリードバルブ単気筒●249㏄●40PS/8000rpm ●3.8㎏-m/6500rpm●113㎏ ●80/100-21・120/90-18●45万9000円

1992/5 SUZUKI RMX250S
●水冷2スト・クランクケースリードバルブ単気筒●249㏄●40PS/8000rpm
●3.8㎏-m/6500rpm●113㎏
●80/100-21・120/90-18●45万9000円

競技用・RMX250をベースに、保安部品などを装着。排気デバイス・AETCⅡやデジタルCDI点火などの採用で、公道使用も重視。

1991/3 KAWASAKI KDX250SR

画像: 1991/3 KAWASAKI KDX250SR ●水冷2スト・ピストンリードバルブ単気筒 ●249㏄●39PS/8000rpm ●3.9㎏-m/7000rpm●115㎏ ●80/100-21・4.60-18●44万9000円

1991/3 KAWASAKI KDX250SR
●水冷2スト・ピストンリードバルブ単気筒
●249㏄●39PS/8000rpm
●3.9㎏-m/7000rpm●115㎏
●80/100-21・4.60-18●44万9000円

競技専用モデルKDX250Rベースのデュアルパーパスマシン。ギアレシオは公道走行のためにワイドレシオな設定。

1992/11 SUZUKI ジェベル250

画像: 1992/11 SUZUKI ジェベル250 ●油冷4ストOHC4バルブ単気筒 ●249㏄●29PS/8500rpm ●2.5㎏-m/7000rpm●128㎏ ●80/100-21・110/90-18●43万9000円

1992/11 SUZUKI ジェベル250
●油冷4ストOHC4バルブ単気筒
●249㏄●29PS/8500rpm
●2.5㎏-m/7000rpm●128㎏
●80/100-21・110/90-18●43万9000円

DR250Sをベースに、キャリアや正立フォーク、エンジン特性を扱いやすさ重視に変更し、ツーリングへの適正を高めた。

1995/3 YAMAHA TT250Rレイド

画像: 1995/3 YAMAHA TT250Rレイド ●空冷4ストDOHC4バルブ単気筒 ●249㏄●30PS/8500rpm ●2.8㎏-m/7000rpm●121㎏ ●3.00-21・4.60-18●48万9000円

1995/3 YAMAHA TT250Rレイド
●空冷4ストDOHC4バルブ単気筒
●249㏄●30PS/8500rpm
●2.8㎏-m/7000rpm●121㎏
●3.00-21・4.60-18●48万9000円

TT250Rのツーリングバージョン。フライホイールマス増量、フォークオフセット変更。メーターへの時計追加などを施した。

1993/2 KAWASAKI KLX250SR

画像: 1993/2 KAWASAKI KLX250SR ●水冷4ストDOHC4バルブ単気筒 ●249㏄●30PS/8500rpm●2.6㎏-m/7500rpm●109㎏●3.00-21・4.60-18●44万9000円

1993/2 KAWASAKI KLX250SR
●水冷4ストDOHC4バルブ単気筒
●249㏄●30PS/8500rpm●2.6㎏-m/7500rpm●109㎏●3.00-21・4.60-18●44万9000円

カワサキの新世代4ストオフローダーとして登場。圧側減衰を16段階に調整可能な倒立フロントフォークを採用する。

1993/6 YAMAHA セロー225W

画像: 1993/6 YAMAHA セロー225W ●空冷4ストOHC2バルブ単気筒 ●223㏄●20PS/8000rpm ●1.9㎏-m/7000rpm●106㎏ ●2.75-21・120/80-18●36万9000円

1993/6 YAMAHA セロー225W
●空冷4ストOHC2バルブ単気筒
●223㏄●20PS/8000rpm
●1.9㎏-m/7000rpm●106㎏
●2.75-21・120/80-18●36万9000円

初心者からベテランまで支持の高いセローのリアブレーキをディスク化し、リザーバー付きリアショックも装備した上級モデル。

1997/2 KAWASAKI スーパーシェルパ

画像: 1997/2 KAWASAKI スーパーシェルパ ●空冷4ストDOHC4バルブ単気筒 ●249㏄●26PS/8000rpm ●2.6㎏-m/6500rpm●107㎏ ●2.75-21・4.10-18●39万9000円

1997/2 KAWASAKI スーパーシェルパ
●空冷4ストDOHC4バルブ単気筒
●249㏄●26PS/8000rpm
●2.6㎏-m/6500rpm●107㎏
●2.75-21・4.10-18●39万9000円

エンジンはKLX250用水冷シングルをベースに空冷化。ダウンとアップでフェンダーが選べ、1速ギアはスーパーローだ。

1995/2 HANDA XRバハ

画像: 1995/2 HANDA XRバハ ●空冷4ストOHC4バルブ単気筒●249㏄ ●28PS/8000rpm●2.6㎏-m/7000rpm●117㎏ ●3.00-21・4.60-18 ●49万9000円

1995/2 HANDA XRバハ
●空冷4ストOHC4バルブ単気筒●249㏄
●28PS/8000rpm●2.6㎏-m/7000rpm●117㎏
●3.00-21・4.60-18
●49万9000円

XR250デュアルヘッドライトバージョンのバハ。ヘッドライトの大径化、燃料タンクは14L化され、よりツーリング向けに。

1996/12 HONDA CRM250AR

画像: 1996/12 HONDA CRM250AR ●水冷2ストクランクケースリードバルブ単気筒●249㏄●40PS/8000rpm●4.0㎏-m/6500rpm●114㎏ ●3.00-21・4.60-18 ●47万9000円

1996/12 HONDA CRM250AR
●水冷2ストクランクケースリードバルブ単気筒●249㏄●40PS/8000rpm●4.0㎏-m/6500rpm●114㎏
●3.00-21・4.60-18
●47万9000円

CRM250Rをベースに、自己着火を効果的に利用したAR燃焼エンジンを新採用、2スト排ガスの浄化と大幅な燃費向上を実現。

1997/1 YAMAHA ランツァ

画像: 1997/1 YAMAHA ランツァ ●水冷2ストクランクケースリードバルブ単気筒●224㏄●40PS/8500rpm ●3.7㎏-m/7500rpm●114㎏ ●3.00-21・4.60-18●43万5000円

1997/1 YAMAHA ランツァ
●水冷2ストクランクケースリードバルブ単気筒●224㏄●40PS/8500rpm
●3.7㎏-m/7500rpm●114㎏
●3.00-21・4.60-18●43万5000円

DT125Rをベースに排気量は224㏄まで拡大され、最高出力は250㏄フルサイズと同等の40PSを発揮。セルスターターを持ちながら車重は114㎏に抑えられ、加速の鋭さはDT200WRに匹敵した。

90年代に活躍したオートバイ達はこちら!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.