オートバイ誌より

猫も杓子も2ストレプリカ全盛だった80年代から、解放されたように90年代は何でもありと言っていいくらい自由な発想で作られたモデルが多く、250クラスもラインアップが大充実! 今、あったら嬉しいのに…ってモデルが多すぎます!

4気筒モデルの充実がモデル充実の時代を生む

ゼファーがネイキッドブームを生み出した影響で、いわゆる街乗り向けで生み出されるモデルに大きく変化が起きる。それまでの、レーサーレプリカをカウルレスにしたアルミ製フレーム丸出しのノンカウルモデルとは違い、新たなフレームで全く新しいモデルが多く誕生するのである。

サーキット走行がブームだったおかげで、CBR系、FZR系、GSX_R系、ZXR系の4スト250㏄四気筒エンジンが充実しており、それをベースしたモデルが多数登場。各社からスタンダードモデル以外にも、短命ではあったが印象に残る個性的なモデルを多数発表したのが90年代なのだ。

ニーハンカタナが登場!

画像: 1991/5 SUZUKI GSX250Sカタナ ●水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒 ●248cc●40PS/13500rpm ●2.7kg-m/10000rpm●160kg●110/70-17・140/70-17●56万5000円

1991/5 SUZUKI GSX250Sカタナ
●水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
●248cc●40PS/13500rpm
●2.7kg-m/10000rpm●160kg●110/70-17・140/70-17●56万5000円

熱狂的なファンの多いGSX1100Sカタナのデザインを、フレームの形状なども含めてそっくりそのまま見事に250ccのサイズにスケールダウンして、カタナ独特のスタイルを忠実に再現してみせた個性派モデル。エンジンはGSX-R250をベースにしたものを搭載している。

リミテッドはロケットカウル仕様

画像: SUZUKI バンディット250リミテッド(1993/5) ●水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒●249cc●40PS/13500rpm●2.7kg-m/10000rpm●160kg ●110/70-17・140/70-17●58万5000円

SUZUKI バンディット250リミテッド(1993/5)
●水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒●249cc●40PS/13500rpm●2.7kg-m/10000rpm●160kg
●110/70-17・140/70-17●58万5000円

兄貴分の400同様、FRP製のロケットカウルを装着したモデル。ケースカバーやヘッドなどはバフ仕上げとされ、シートも専用のメッシュ表皮としている。モーターサイクルショーに出展されたSV650ラリーコンセプトに似てる⁉

画像: SUZUKI バンディット250 (1990/4) ●水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒●248cc ●45PS/14500rpm●2.6kg-m/10500rpm●156kg●110/70-17・140/70-17●51万5000円

SUZUKI バンディット250 (1990/4)
●水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒●248cc
●45PS/14500rpm●2.6kg-m/10500rpm●156kg●110/70-17・140/70-17●51万5000円

個性あふれるスタイルで人気を博したバンディット250。1990年モデルでは、パイプハンドル仕様を追加。セパレートハンドルをアップ仕様にして、扱いやすさに磨きをかけた。

画像: SUZUKI バンディット250VZ (1997/2) ●水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒●248c ●40PS/14000rpm●2.5㎏-m/10000rpm●144kg/146kg/147kg●110/70R17・150/60R17●55万5000円

SUZUKI バンディット250VZ (1997/2)
●水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒●248c
●40PS/14000rpm●2.5㎏-m/10000rpm●144kg/146kg/147kg●110/70R17・150/60R17●55万5000円

後期モデルでは、ビキニカウルつきのVZが登場。ゴールドアルマイト処理のFフォークキャップ、ゴールドチェーン、セパレートハンドル採用。

極太タイヤサイズで迫力のスタイル

画像: HONDA ホーネット (1996/2) ●水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒●249cc●40PS/13000rpm ●2.4kg-m/11000rpm●149kg●130/70ZR16・180/55ZR17●49万9000円

HONDA ホーネット (1996/2)
●水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒●249cc●40PS/13000rpm
●2.4kg-m/11000rpm●149kg●130/70ZR16・180/55ZR17●49万9000円

CBR250RR譲りのカムギアトレイン水冷DOHCフォアを載せたネイキッド。モノバックボーンフレームを採用、マフラーはサイレンサーを高く引き上げ、外部からはフレームの存在を感じさせない独特のフォルムを造り上げることに成功。CBR900RRと同サイズの前後タイヤがクラスを超えた迫力を感じさせる。

画像: SUZUKI アクロス (1990/3) ●水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒●248cc ●45PS/14500rpm ●2.6kg-m/10500rpm●159kg ●110/70-17・140/70-17 ●54万5000円

SUZUKI アクロス (1990/3)
●水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒●248cc
●45PS/14500rpm
●2.6kg-m/10500rpm●159kg
●110/70-17・140/70-17
●54万5000円

通常、燃料タンクにあたる部分を収納スペースとした異色のライトツアラー。エンジンはGSX-R250がベースだが、45馬力のパワーも扱いやすくリセッティング。

画像: YAMAHA ジール (1991/2) ●水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒●249㏄●40PS/12000rpm●2.7㎏-m/9500rpm●145㎏ ●110/70-17・140/70-17 ●53万9000円

YAMAHA ジール (1991/2)
●水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒●249㏄●40PS/12000rpm●2.7㎏-m/9500rpm●145㎏
●110/70-17・140/70-17
●53万9000円

「飛び跳ねるイルカ」をモチーフにして曲線を多用したデザイン。乗り心地の良いサスペンションや、735mmという低いシート高もあって女性からも人気を獲得。エンジンはFZR250用ベースだ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.