CB750FOURと同時期に開発がスタートし、当初は750㏄で発売されるはずだったカワサキ初の4気筒モデル。しかしCBと同じ排気量ということで、後追いと見られることを回避して900㏄で再開発をスタート。72年に発売された900Super4=Z1だったが、その頃には「国内で750㏄以上のモデルは販売しない」との自主規制が取り交わされたため、新たに750㏄の750RS=Z2も製作された。CBのSOHCに対し、ZはDOHCヘッドを採用し、当時から動力性能でCBを超えると言われていた。
記事本文に戻る

人気記事

This article is a sponsored article by
''.