は自信のある事には積極的に振り切っていくんですが、ホントに自信のない事や心配な事があると、まったくというほど何もできなくなる、気持ち優先タイプなんです。この連載を読んでくださってる方の中には、「自分も同じだよ!」っていう方もいるかな?(※オートバイ2018年11月号より)
画像1: 【梅日和】初めてのシチュエーションや慣れない環境だと・・・【第6回】

なかなか新しいことや、苦手なことにチャレンジするのって勇気がいるし、難しい事なんですが、バイクに乗って改めて「チャレンジする事で得るものは大きいんだな」と、最近気づかされたんです!!

ツーリングに行くと、路面が少し荒れてたり、天気が急に崩れてきたり…そんな事ってよくあって、最初は雨の中走るのは怖いし、滑ったら大変だからやだなぁ、って思ってました。でもどうしてもバイクで帰らなくちゃいけない時があって、いざ乗ってみると、私のバイクができる子だったからなのか、全然怖さがなくて、むしろ逆に自分が成長できた気がして、「ひとつレベルアップできた!」って自信に繋がったんです。実際、次に晴れている日に乗った時には、雨の時より視界も良くなるので、運転しやすく感じたりもして。ムチャはいけないけど、自分のできる範囲でチャレンジしていく事って、ホントに大事だなと思いました。

画像: いまでは雨の運転に不安なし。休憩時には、笑顔で髪の毛の水分を絞ってます!

いまでは雨の運転に不安なし。休憩時には、笑顔で髪の毛の水分を絞ってます!

先日も、友達は神奈川から、私は名古屋から走り、静岡県の沼津に集合する東伊豆ツーリングをしたんですけど、天気は晴れたり雨が降ったりで変わりやすいし、路面も水たまりがあったり、砂だらけの所があったと不安定だったんです。ひとりの時なら迷わず帰るところですが、せっかく友達と来たからと進んでいくことに。内心ちょっと怖かったんだけど、仲間もいるし、自分のペースで走って行くと、途中の景色がすごく綺麗だったり、悪路走行をしてみて経験値が上がるのが実感できたりで、凄くいい思い出に残るツーリングになりました。

まだ正直、横風だけは怖いんですが(笑)、何事も怖がらずに少しずつチャレンジしてバイクの経験値を上げて、ひとりでいろんな所に行ける、かっこいいライダーになりたいな、と思います。道のりは険しいですが…。

PHOTO:梅本まどか

公式ツイッター

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.