初の「DE耐!」ではスタートライダーに指名されるも…

ちょっとDE耐!の練習走行では、第3コーナーで転倒してしまい、コーナーへの恐怖を拭いきれないまま迎えたDE耐!当日でした…。

画像1: 初の「DE耐!」ではスタートライダーに指名されるも…
画像: スタートグリッドは抽選。85台中、なんとも微妙な53番グリッドを引きました!

スタートグリッドは抽選。85台中、なんとも微妙な53番グリッドを引きました!

緊張よりも「ゆっくりしか走れないよー。はぁぁぁ。」と、不安の方が大きかったんです。加えてチームからは、3分10秒で走ってほしいというオーダーが出て、それに答えられるかどうか…。
8時30分にスタートが切られた1回目の走行は約20分間でしたが、タイムは3分17秒までしか出せず、心の中も「あーやっぱり無理だ。」って諦めモード。

画像2: 初の「DE耐!」ではスタートライダーに指名されるも…
画像3: 初の「DE耐!」ではスタートライダーに指名されるも…
画像4: 初の「DE耐!」ではスタートライダーに指名されるも…

転倒してからコーナーに突っ込むのが怖くてブレーキをかけすぎていました。
私だって攻めの姿勢で走りたい! だけど怖いんだもん! …って、そうこうしているうちに13時ころ2度目の順番が回ってきました。そんな不安な顔は、みんなには見せはしないものの「頑張りたいとは思うけど〜…頑張れないよ…。」て気持ちのままスタートしてしまいました。

画像5: 初の「DE耐!」ではスタートライダーに指名されるも…

それなのになぜか10周ほど走ったくらいから「あれ? これはいけるかも? 攻めてみよう!」と思えるほど慣れてきて(遅すぎる!)そこからはぐぐっとタイムを縮めることができたんです。周回ごとに縮まるタイムを見せてくれるピットエリアからのサインは、高揚感を呼びました。その結果、目標の3分10秒で走ることもでき、転倒もせずアンカーの美環ちゃんにバトンタッチすることができました。

画像6: 初の「DE耐!」ではスタートライダーに指名されるも…
画像7: 初の「DE耐!」ではスタートライダーに指名されるも…

不安と恐怖からのスタートでしたが、さらに速く走りたいと欲が出てきてしまったゴールでした。なので、また同じことを繰り返さないように慎重に攻めて攻めてサーキットを楽しんでいきます!

画像8: 初の「DE耐!」ではスタートライダーに指名されるも…

撮影:柴田直行、南孝幸

みんなの活躍は月刊オートバイで連載中!

オートバイ 2019年1月号 [雑誌]

モーターマガジン社 (2018-12-01)

平嶋夏海 2019年カレンダー発売中!

トライエックス 平嶋夏海 2019年 カレンダー CL-236 壁掛け B2
トライエックス (2018-10-27)
売り上げランキング: 4,278

平嶋夏海 ツイッター公式アカウント

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.