レーサーレプリカを生み出すきっかけとなった大いなる一台

1970年代、オイルショックと米国の「マスキー法」による環境規制から2ストロークの存亡が脅かされていた。ヤマハは「最後の2ストローク」になるという想いと覚悟を胸に集大成モデルを開発。1979年、東京モーターショーで「究極のロードスポーツ」と称しRZ250を発表した。そのセンセーショナルなモデルはライダー達の心を掴み、市販化を支持する圧倒的な声に応えるべく、翌年8月市販化をスタートさせた。

当時はレーサーレプリカという言葉は使われていなかったが、RZは市販レーサーTZ250の公道仕様と言えるモデル。レーシングパーツすらも組み込みが可能だったほど「TZレプリカ」だった。

画像: RZは市販レーサーであるTZ250レプリカ。写真は1979年のTZ250で、ヤマハオリジナルのモノクロスサスペンションやクロモリ鋼管ダブルクレードルフレームを採用。リアアームはこの年からアルミ材が採用されている。

RZは市販レーサーであるTZ250レプリカ。写真は1979年のTZ250で、ヤマハオリジナルのモノクロスサスペンションやクロモリ鋼管ダブルクレードルフレームを採用。リアアームはこの年からアルミ材が採用されている。

そんなモデルのデビューはあまりにも鮮烈で、富士スピードウェイでおこなった本誌テストによるとRZ250は最高速度で168・22㎞/h、ゼロヨン13秒76をマーク。当時の400マルチ同等以上の数値だった。そして、このクラスを凌駕するRZシリーズの大ヒットこそが、80年代のバイクの流れを決定づけた。最後だと言われた2ストロークはRZの誕生で息を吹き返し、ライバルメーカーも負けじと新世代2ストロークモデルを開発。ヤマハの想いはクォーターブームへの起爆剤となり、その後のレーサーレプリカブームのきっかけとなったのだ。

画像: コンパクトなシリンダーや市販ロードスポーツ初のモノクロスサスなど、TZ250のノウハウが惜しみなく注ぎ込まれたRZは峠で400㏄クラスをカモれるポテンシャルを発揮。沈滞化した2ストローク市場を活性化させレーサーレプリカブームの原動力になった。いまだ人気の衰えない2ストスポーツだ!

コンパクトなシリンダーや市販ロードスポーツ初のモノクロスサスなど、TZ250のノウハウが惜しみなく注ぎ込まれたRZは峠で400㏄クラスをカモれるポテンシャルを発揮。沈滞化した2ストローク市場を活性化させレーサーレプリカブームの原動力になった。いまだ人気の衰えない2ストスポーツだ!

RZシリーズの変遷

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.