当時はディスクブレーキがまだ珍しい装備。キャリパーがボトムケース前方にマウントされているのは、冷却効果を上げるためだった。1977年のD1モデルでフォーク後部に移動する。
記事本文に戻る

This article is a sponsored article by
''.