2018年も残り少なくなってきた。そこで、2018年に日本デビューを果たした注目すべきニューモデルを振りかえって、写真で紹介しておこう。今回は、20年ぶりにフルモデルチェンジされた「スズキ ジムニー(Suzuki Jimny)」だ。

ジムニーらしさを変えずに、安全性や経済性は向上

スズキ ジムニーとジムニーシエラは、2018年7月5日にフルモデルチェンジされた。ご存知のようにジムニーは0.66Lターボを搭載した軽自動車で、ジムニーシエラは1.5Lエンジンを搭載した登録車となる。

ラダーフレームやFRレイアウト、副変速機付きパートタイム4WD、そして3リンクリジッドアクスル式サスペンションという、ジムニー伝統の車体構成を継承しているが、予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」の採用や燃費性能の向上など、現代のSUVらしいクルマに仕上げられている。

遠目に見てもジムニーとわかるスタイル、取り回しの良さと悪路走破性の高さも継承。

新型の発売から約半年が経過したが、グレードやボディカラーによっては今なお納車まで時間がかなりかかるらしい…。

スズキ ジムニー XC 主要諸元

●全長×全幅×全高:3395×1475×1725mm
●ホイールベース:2250mm
●重量:1030kg
●エンジン:直3DOHCターボ
●排気量:658cc
●最高出力:64ps/6000rpm
●最大トルク:96Nm/3500rpm
●トランスミッション:5速MT
●駆動方式:フロント縦置きパートタイム4WD
●価格:174万4200円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.