2018年12月5日、トヨタとダイハツは今乗っているクルマに取り付けることができる「踏み間違い加速抑制システム」を発売した。

まずはプリウスとアクア、そしてタントから。

近年、交通事故で増えている事象が、駐車場での高齢者をはじめとする運転者のペダル踏み間違いによるもの。ユーザーからも事故を未然に防ぐ装備への要望がメーカー多く寄せられているという。

トヨタは「交通事故死傷者ゼロ」の究極の目標に向け、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense(トヨタ・セーフティセンス)」と「インテリジェントクリアランスソナー(ICS)[パーキングサポートブレーキ(静止物)]」の新型車への採用を進めている。

ダイハツも2012年に軽自動車で初めて衝突回避支援システム「スマートアシスト」を導入し、現在では第3世代の「スマートアシストIII」を軽自動車や小型車に搭載している。そしてさらに、今のクルマに長く乗っているユーザーにも、このシステムを提供することで、より多くの人に安全・安心を届けたいと考えている。

画像: フロントの超音波センサー。

フロントの超音波センサー。

画像: リアの超音波センサー。

リアの超音波センサー。

このシステムは、車両前後に取り付けた超音波センサーにより、前方または後方約3m以内にある壁などの障害物を検知し、ブザー音で注意喚起する。それでもブレーキと間違えてアクセルを強く踏み込んでしまった際には、加速を抑制し、衝突被害の軽減に貢献する(機能1)。

また、後退時は、障害物を検知していない状態でも、約5km/h以上でアクセルを踏んだ場合、速度が出過ぎないよう加速を抑制する(機能2)。なお、機能1・2いずれも道路状況、車両状態、天候状態等によっては、作動しない場合がある。

画像: 車内に取り付ける表示機

車内に取り付ける表示機

画像: 機能のイメージ

機能のイメージ

装着可能な車種は、プリウスは2009年5月18日~2015年12月8日に販売されたモデル(G's、ウェルキャブ全車を除く)、アクアは2011年12月26日~2018年4月2日に販売されたモデル(G's、GR-SPORT、X-URBAN、Crossover、ウェルキャブ全車を除く)。

踏み間違い加速抑制システム(本体、付属部品など)の価格は、消費税込み5万5080円。車両装備・装着品により追加費用が必要となる場合がある。また価格に、取付費など諸費用は含まない。

また、ダイハツも同様の後付け安全装置「つくつく防止(ぼうし)」を発売した。対象車種は2007年12月に発売した2代目タントで、消費税込みのメーカー希望小売価格は3万4560円。標準取り付け費込みだと5万9508円だ。

画像: まずはプリウスとアクア、そしてタントから。

愛車に踏み間違い加速抑制システムが付いていないために買い換えを検討していたが、予算的な問題とか、今のクルマが気に入っているから手放したくないし…などと考えていた人には朗報だ。トヨタおよびダイハツでは、今後さらに対象車種を広げていくという。

画像: 踏み間違い加速抑制システム www.youtube.com

踏み間違い加速抑制システム

www.youtube.com
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.