わがままお嬢様のヨシノの緊急呼び出しに嫌々ながら応じたテツヤを待っていたのは、誰もが憧れる、あの特別なオートバイだった。
オートバイ2019年1月号別冊付録(第85巻第2号)「BLUE BIRD ROCK」(東本昌平先生作)より
©東本昌平先生・モーターマガジン社 / デジタル編集:楠雅彦@ロレンス編集部
画像: 今夜特別な彼女と特別なバイクで。
〜RIDE「BLUE BIRD ROCK」(東本昌平先生)より

「スタンバイしているから早くきて!」オンナの急な呼び出しのわけとは?

画像1: 「スタンバイしているから早くきて!」オンナの急な呼び出しのわけとは?

俺はテツヤ。コンビニでしこたまビールを買い込んで、これから部屋呑みしようと思っていたのに、オンナからの急な誘い。それも峠をバイクで走ろうだって??もう1時だぜ。昔の族じゃねえっての。ほんとヨシノはいつだって勝手なんだ・・。

一緒に飲もう、って話なら悪くない。だってヨシノは確かにいい女だからな(金持ちのお嬢だし)。
でもこの寒い中、なんだってバイクで走り回らなきゃならないわけってことさ。だったら俺いなくてもいいじゃん、俺もビールのほうがいい。

画像2: 「スタンバイしているから早くきて!」オンナの急な呼び出しのわけとは?

だけどヨシノは「なにバカ言ってんの!はやくいらっしゃい!!」と怒るんだ。
もうスタンバイしてんだから、とヨシノは言うが、なんだよスタンバイって。俺はよくわからないまま、やむなくヨシノの指定した場所に車で出かけた。

画像3: 「スタンバイしているから早くきて!」オンナの急な呼び出しのわけとは?

待ち合わせ場所でオンナと共にテツヤを待っていたバイクとは??

待ち合わせ場所に行くと、でかいトレーラーのそばで、これまたでかいリムジンが停まっていた。執事らしい品のいい老紳士がドアを開けると、憮然とした表情で座っているヨシノがいた。

なにそれ、俺、遅いってか?

画像1: 待ち合わせ場所でオンナと共にテツヤを待っていたバイクとは??

車を降りたヨシノは白い革のライディングスーツを体に纏っていた。
彼女は俺にも同じスーツを差し出すと、着るように言った。「テツヤのサイズで作らせたけど」

悪くない。確かにスーツはジャストサイズだった。
だが、俺の心を一瞬で鷲掴みしたのは、リムジンのそばに停められていた2台のバイクだった。
俺が来るのをジッと待っていたそのバイクは、あの、ホンダのとびきりスペシャルなやつだったのだ。

「なんでこのバイクが2台もあんの!?」
俺は思わず叫んじまった。

画像2: 待ち合わせ場所でオンナと共にテツヤを待っていたバイクとは??

それはHONDA R213V-S。

ホンダのMotoGPマシンRC213Vに、保安部品をつけ、ストリートスポーツとしての要件を付け加えただけ、の超ド級スーパースポーツ。こいつに乗って峠を走る??
お嬢様の気まぐれにしちゃあ、ちょっと度がすぎてるんじゃないの?1台2000万円以上のスーパーマシンだぜ??

画像: HONDA RC213V-S 撮影/折原弘之

HONDA RC213V-S
撮影/折原弘之

画像: ©オートバイ別冊付録2016-2017 オール国産車アルバム

©オートバイ別冊付録2016-2017 オール国産車アルバム

画像3: 待ち合わせ場所でオンナと共にテツヤを待っていたバイクとは??

私はね、とヨシノは言った。「極上の風になりたいの!」
そう言って走り出したヨシノの後を俺は追った。

確かに極上さ。そいつは間違いない。
一人のビールも最高なはずだったが、こいつに乗れるなら、ビールを諦める意味はあったというものさ。

画像4: 待ち合わせ場所でオンナと共にテツヤを待っていたバイクとは??

This article is a sponsored article by
''.