スキルや体格など、乗る人を選ばないのがレブルシリーズ最大の魅力 (伊藤)

エンジンが違うこと以外は、車体がほぼ共通。それでいて250は50万円台で500は70万円台と、この20万円の価格設定の差はどこから出るのだろう、と思いましたが、日本の車検や免許制度などの事情から単純に250のほうは数が出ることが、価格設定の差になっているのだと思います。せっかく大型自動二輪免許をとったから、という感覚でより大排気量のクルーザーモデルを買う方もいると思いますが、排気量にこだわらないなら、レブル500に乗ったほうがいろいろ良いと思いますね。乗る人を選ばないモデルで、とっつきやすいです。結果、もっとバイクが好きになります。

普段使いには250が良いですね。会社まで行く足に使ったり、近場を気ままに走ったりするなら、250で事足りますから。所有車を1台に絞るなら500、他にもオートバイを所有していて、セカンドにするなら250を選ぶ、という感じですかね?

でも最初にレブルの250を買って乗っていた人が、大型自動二輪免許を取得して初の大型車にレブル500を選ぶ……というのもアリではないかと思いました。軽快なレブル250の乗り味を知っている方が、500のしっとりとした乗り味や、上質なパワーフィールを感じやすいでしょうから。それくらい、500のフィーリングは良かったです。クルーザーというとVツイン、と固定観念を持つ人にこそ、レブル500は試していただきたいと思いました。

画像: スキルや体格など、乗る人を選ばないのがレブルシリーズ最大の魅力  (伊藤)

高速道路で感じたクルージング適性期待以上に250も元気でした!

実際のところ、購入を念頭においてレブルに注目している方のなかで、250と500、どちらにしようかな、と考えている方は少ないでしょうね。免許や車検・税金などの維持費の面から、最初から250が欲しい人は250を、500が欲しい人は500を選ぶので……。

1台所有なら500と思いますが、撮影を終えて帰路の高速道路を250で走ってみたら、さすがに排気量のある500のほうが適正は上ですけど、250も結構高速で良い走りをするんですよね。これなら250が1台あれば良いのかな、と驚かされてしまいましたね。

高速道路で500はアメリカの55マイル規制(約88㎞/h)に合わせたのか、そのあたりまでの速度域は快適ですね。ウインドプロテクションを考慮したタイプのクルーザーではないので、高速を得意とするというわけではないですが、高速でも乗り心地は良かったですね。シートも長距離乗ってもお尻が痛くなることはなさそうでした。

全体の仕上げに関しては、フロントフェンダーがスチールだったら……とか、ヘッドライトケースがメッキだったら、とか思ったりもしましたが、垢抜けていて良いスタイリングだなと思います。おそらく、アフターマーケットメーカーの人たちが、いろんなレブル用のカスタムパーツを出すでしょうし、個人の方が自力でカスタムしたりするのでしょうね。

自分でレブルを所有した場合、変えるとしたらマフラーくらいかな……と思いました。でも乗っているうちに、別にマフラー交換しなくても良いや、と思ってしまうようになる気もします。それくらいレブルは250も500も、完成度が高いモデルです。今回の試乗では本当に驚かされた、の一言に尽きますね。

画像: 「マットアーマードシルバーメタリック」がすっごくイイ!(伊藤)

「マットアーマードシルバーメタリック」がすっごくイイ!(伊藤)

大関さおりのちょっと一言

レブル250は発進がスムーズで、力を抜いてリラックスして走れるな、と思いました。バイクに「乗せられている感」がないのも良いですね。スタイリングは余計な飾りとかなくて、質感も良いと思いました。でも燃料タンクとかシートのデザインをちょっと変えてみたい……とか思ったりもしました。自分だけのオートバイ、という感じにカスタムしたら、もっと愛着を感じられると思います。あと、ちょっと困ったのは、ウインカーですね。スイッチ操作するとき、ちょっと押しちゃっていると、左右にスムースに動かないんです。これは外車モデルと同じ仕様だから……と言われたのですが、戸惑いました。

画像: 大関さおりのちょっと一言
画像: キータイプのヘルメットホルダーはありがたい装備。ただ、使い方に慣れていなかったので休憩後の出発時に、ホルダーからヘルメットを外すのに手間取ってしまいました…。

キータイプのヘルメットホルダーはありがたい装備。ただ、使い方に慣れていなかったので休憩後の出発時に、ホルダーからヘルメットを外すのに手間取ってしまいました…。

画像: レブルは250も500も「ちょうどいいホンダ」ですね。乗りやすくて、ライディングポジションも、取りまわしも、すべてがちょうどいい……それが魅力だと思います!

レブルは250も500も「ちょうどいいホンダ」ですね。乗りやすくて、ライディングポジションも、取りまわしも、すべてがちょうどいい……それが魅力だと思います!

Photo:松川 忍、まとめ:宮崎健太郎

公式サイト

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.