1960年代に生まれ80年代まで作り続けられた日産のA型エンジン。ツーリングカーレースの主役でもあった名機は、ストックの状態で今なおファンの心を掴んで離さない。そんなA型エンジンを搭載した名車、前回のサニークーペに続いてチェリークーペを紹介しよう。(ホリデーオート2018年10月号より)

良く回る、楽しいエンジンがお気に入り!

日産初のFF車が初代チェリー。プリンス系技術者による設計で、1970年に発売された。サニーよりも下のクラスのため、ボディは若干小さい。これはサニーと同じA型エンジンを横置きにしたことで実現している。ミッションをエンジンの下に置く2階建て設計を採用しているが、これはA型の本家、イギリスのミニと同じだ。

画像: チェリークーペといえばオーバーフェンダー装備のX-1・Rの印象が強い。リアクオーター形状が独特だが後方視界は思ったより悪くない。

チェリークーペといえばオーバーフェンダー装備のX-1・Rの印象が強い。リアクオーター形状が独特だが後方視界は思ったより悪くない。

チェリーは当時の好景気を背景に、若者や軽自動車からの乗り換え需要を見越していた。当初は2ドアと4ドアのセダンのみだったが、71年に3ドアクーペを追加。このチェリークーペを日産ワークスはツーリングカーレースへ出場させる。当時は日本グランプリが終了して、レーシングカーによるグランチャンピオン(GC)シリーズが始まる。

その前座にツーリングカーレースが開催された。マイナーツーリングやTSと呼ばれ、メインレースのGCより人気があったほどだ。そこに参戦したチェリーはFFのため雨のレースでは滅法速く、オーバーフェンダーをまとった姿が印象的だった。

画像: チェリーに搭載時の排気量は1171ccになっていたA型エンジン。X-1・Rでもミッションは4速MTだが、俊敏なレスポンスで楽しく走ることができる。

チェリーに搭載時の排気量は1171ccになっていたA型エンジン。X-1・Rでもミッションは4速MTだが、俊敏なレスポンスで楽しく走ることができる。

レースのイメージを踏襲して、チェリークーペにオーバーフェンダーを装備するX-1・Rが73年に発売される。GCを見に行くような若者に、このスタイルは人気爆発。レーシングカー風にカスタムすることも流行した。これが街道レーサーのルーツ的存在の1台でもあった。

画像: FFのため足もとが広いチェリーだが、X-1・Rにはシフトの奥に電圧計と油圧計を備えるスポーティなコンソールが装備されている。

FFのため足もとが広いチェリーだが、X-1・Rにはシフトの奥に電圧計と油圧計を備えるスポーティなコンソールが装備されている。

このチェリーのオーナーY氏も、そんなひとりだった。当時はまだ20代前半。手に入れたチェリーは車高を下げるだけ下げ、ワイド加工したホイールにリアスポイラーを装着して乗っていた。Y氏いわく「ペタペタで乗るのがカッコ良かった」。

画像: シルバーのメーターパネルはケンメリ・スカイライン風でスポーティ。走行距離はまだ6万キロ台で傷みは少ない。

シルバーのメーターパネルはケンメリ・スカイライン風でスポーティ。走行距離はまだ6万キロ台で傷みは少ない。

その後は順調にクルマを乗り換えたが、チェリーを手放して10年ほど経つと、また乗りたくなったY氏。独特のスタイルと良く回るA型エンジンの魅力は、他のクルマでは得られなかったからだ。

当時はまだ1年車検だったためクルマは手軽に手に入ったけれど、仕事で独立して子育てもある。チェリーはしばらく保管するだけになった。

画像: 70年代当時に乗っていたクルマと同じリアスポイラーを装着する。エンブレム類はすべて外してサビを予防している。

70年代当時に乗っていたクルマと同じリアスポイラーを装着する。エンブレム類はすべて外してサビを予防している。

車検を切らしてから20年、ある年の旧車イベントでチェリーばかりが集まることになった。それならとY氏はチェリーの復活を決意。ボディは全塗装をして、エンジンは部品があるうちにとオーバーホールした。

画像: このクルマの正式名称は、1973年式 日産チェリークーペ 1200X-1・R。

このクルマの正式名称は、1973年式 日産チェリークーペ 1200X-1・R。

「ソレックスもいいけど」と、キャブレターは純正のSUツインのまま。だが調子はすこぶる良く、純正キャブを見直したそうだ。とても良く回り、楽しいエンジンがお気に入りだ。(文:増田 満/写真:伊藤嘉啓)

チェリークーペ 1200Xー1・R 主要諸元

●全長×全幅×全高:3690×1550×1310mm
●ホイールベース:2335mm
●重量:645kg
●エンジン型式・種類:A12・直4 OHV
●排気量:1171cc
●最高出力:80ps/6400rpm(グロス)
●最大トルク:9.8kgm/4400rpm(グロス)
●燃料供給装置:SUキャブ×2
●燃料タンク容量:36L
●トランスミッション:4速MT
●タイヤサイズ:165/70HR13
●価格:63万8000円(1973年当時)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.