スズキから、新しい軽ハイトワゴンが2018年12月にデビューする。その名は「スペーシア ギア」。現段階でわかっている情報をお届けしよう。

スペーシアをベースに、SUVテイストを増幅

その名が示すとおり、ベース車は軽ハイトワゴンのスペーシアだ。スズキでは「スライドドアが付いた“SUVな”軽ハイトワゴン」と呼んでいる。
写真を見てもらうとわかるように、ジムニーやハスラーなどスズキの軽SUVを彷彿とさせる丸型LEDヘッドランプや、大型の前後バンパーが特徴的だ。
ボディカラーは、2トーンルーフの5色を含む8色が設定されている。

画像: 丸目のヘッドライトはLED。ボディカラーは、アクティブイエローにガンメタリック2トーンルーフ。

丸目のヘッドライトはLED。ボディカラーは、アクティブイエローにガンメタリック2トーンルーフ。

インテリアでは、撥水加工されたブラックシートや全天候型の汚れに強いラゲッジスペースなどがアナウンスされている。
もちろん、ベース車のスペーシア同様に広い室内や使い勝手の高いシートアレンジなどは継承されている。

画像: ツールボックスをイメージした助手席アッパーBOXはスペーシア譲り。

ツールボックスをイメージした助手席アッパーBOXはスペーシア譲り。

画像: オレンジのステッチ入りシートは撥水加工が施されている。リアシートは左右独立式。

オレンジのステッチ入りシートは撥水加工が施されている。リアシートは左右独立式。

パワートレーンはターボとノンターボが搭載され、いずれもマイルドハイブリッドが組み合わされている。駆動方式は、2WD(FF)と4WDを設定。ミッションはCVTのみ。

画像: 荷室のフロアやリアシート背面は防汚仕様なので、汚れた荷物などをガンガン積んでもOK!

荷室のフロアやリアシート背面は防汚仕様なので、汚れた荷物などをガンガン積んでもOK!

画像: 助手席を倒せば長尺物の積載も可能。さまざまなシチュエーションで活躍しそうだ。

助手席を倒せば長尺物の積載も可能。さまざまなシチュエーションで活躍しそうだ。

比較的おとなしめのスタイルだったスペーシアが、ちょっとヤンチャな顔つきになって遊び心をプラス。ライバルは、ズバリN-VANといったところだろう。
だが、N-VANは商用車、スペーシア ギアは乗用車。居住性はスペーシア ギアが勝るが、積載性はN-VANが勝るか。
正式デビューは2018年12月中の予定なので、詳しい情報は発表され次第お届けしよう。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.