2018年11月30日、日産自動車は新型EVレーシングカー「NISSAN LEAF NISMO RC(ニッサン・リーフ ニスモ RC)を東京銀座の「ニッサン クロッシング」で初公開した。

ツインモーター & 4WDのゼロ・エミッション レーシングカー

リーフ NISMO RCは、シャシの両端に搭載された二つの電動モーターで駆動する4WDだ。両モーター合わせて240kW(120kW×2)の出力と640Nmのトルクを発生する。これは2011年に発表した前型と比較して、最高出力と最大トルクはともに2倍以上となる。
ドライブトレーンの構成部品である大容量リチウムイオンバッテリーやインバーターなどには、現行型リーフの技術を採用している。

画像: 市販型リーフより全高は300mm以上も低められている。

市販型リーフより全高は300mm以上も低められている。

新開発の4WDシステムは、出力を四輪それぞれで独立してコントロールしながら瞬時に各輪に伝えることでグリップ力を高め、コース上で素早く効率的な操縦ができ、優れたコーナリング性能を発揮する。
前型と同様にバッテリーパックは車体中央に搭載しており、さらに電動モーターとインバーターを前後輪上の最適な位置に配置することで、シャシの重量バランスを最適化している。

リーフ NISMO RCは、多数の軽量部品に加え、フルカーボンファイバーのレーシングモノコック構造を採用し、総重量をわずか1220kgに抑えている。0-100km/h加速時間は、前型より約50%速い3.4秒を実現した。

画像: リアセクション下側はディフューザー形状となっている。

リアセクション下側はディフューザー形状となっている。

エクステリアは、前型とのつながりをイメージさせながら、よりアグレッシブなデザインとなった。長いボンネットやニッサンブランドのデザインシグネチャーであるVモーショングリルが、刷新されたフロントデザインを強調している。
日産のフォーミュラEカーと同様にシルバーとブラックを基調とし、NISMOレッドをアクセントにした特徴的なカラーを採用している。

スリーピース構造の車体には、脱着可能なフロント&リアセクション、固定式のウインドー、LEDヘッドライトとテールライト、舗装路で理想的なダウンフォースを発生させるために調整可能なリアウイングを搭載している。
全長は4546mm、ホイールベースは2750mm、そして全高は1212mmと、市販モデルのリーフよりも300mm 以上低くした流線型のフォルムが、ワイドかつ低重心なスタンスを創り上げている。

日産では、このリーフ NISMO RCを6台生産し、フォーミュラE選手権や、世界各国で行われる主要モーターショーやイベントで展示する予定。また、12月2日に富士スピードウェイで開催予定のNISMOフェスティバルで、日産のフォーミュラEカーとともにデモ走行を行う予定だ。

では、リーフ NISMO RC の走行シーンを動画でどうぞ!

画像: Nissan unleashes all-new LEAF NISMO RC www.youtube.com

Nissan unleashes all-new LEAF NISMO RC

www.youtube.com
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.