他のアドレスとはひと味違う上質でスムーズな走り!

アドレスシリーズはスズキのスクーターの中でも小型・軽量をセールスポイントとする人気ブランド。特に2スト50㏄の初代アドレス、2スト100㏄のアドレスV100は鋭いダッシュ力と俊敏なフットワークで「通勤快速」と呼ばれ絶大な人気を得た。近年ではFI採用のV125/Sが登場しているが、完全新設計によって最新の規制に対応し、快適性も向上させた新型がアドレス125だ。

僕がイメージするアドレスは、チョコマカ走りが得意だけど落ち着きには欠けるコンパクトモデル。だがこの新型アドレス125は、こうした路線とは一線を画している。

画像: 出だしからスムーズで、しっかり速度を乗せていく走りっぷりはストレスのないもの。飛ばしている意識こそないが、気づけば速度も十分に出ているし、乗り心地も快適だ。

出だしからスムーズで、しっかり速度を乗せていく走りっぷりはストレスのないもの。飛ばしている意識こそないが、気づけば速度も十分に出ているし、乗り心地も快適だ。

車体サイズはV125よりもひと回り大きくなり、飽きのこない落ち着いたデザインを採用。特に目新しいわけではないが、ホンダのリード125やヤマハのアクシスZと同等のゆとりある存在感が漂う。ライディングポジションはフラットなシート形状による着座位置の自由度の高さと、広々としたフロアボードで余裕たっぷり。身長180㎝の大柄なライダーでも窮屈さは感じないはずだし、3人乗り、4人乗りも珍しくないアジア諸国での使われ方も視野に入っているのだろう。

エンジンはSEP(スズキ・エコ・パフォーマンス)と呼称される完全新設計の空冷125㏄。「エコ」が付くと大人しいパワー特性を想像してしまうが、このエンジンは燃焼効率の向上とフリクションロス(摩擦抵抗)の低減を追求したもので、ドライバビリティの低下はまったく感じられない。比較的低い回転から遠心クラッチが繋がって穏やかに動き出し、全開加速ではおそらく5000回転台を使って気持ちよく加速する。

ゼロ発進から60㎞/hあたりまでは実にスムーズな加速感だが、実際はV125より速いはず。エンジン特性とオートマチックミッションの設定が絶妙なのだ。80㎞/hを超えると速度の伸びは鈍るが、原付2種は高速道路を走れないので実用上の不満はない。ただ、アイドリング中の振動が大きいことが残念。リアブレーキを握ると振動が減るが、信号待ち中はやや気になった。

画像: SEP空冷エンジンは低回転域のトルク特性に優れた仕様。これに変速比を吟味したミッションを組み合わせ、スムーズな加速特性を実現する。

SEP空冷エンジンは低回転域のトルク特性に優れた仕様。これに変速比を吟味したミッションを組み合わせ、スムーズな加速特性を実現する。

12インチのフロントホイールと長めのホイールベースで、安定性も上々。前後サスはアドレスシリーズには珍しいソフトめのセッティングで、ストローク感があるがダンピングもしっかり効いているし、フルブレーキング時の挙動も穏やか。安定指向のハンドリングと、ゆったりしたライディングポジション、優しいフィーリングだが実は力強いエンジン特性と合わせ、従来のアドレスとは違う上質な乗り味を楽しめる。逆に言えば、アドレスらしさは薄れたことになるが、通勤バトルに参加する気がなければ、アドレス125のほうが断然快適で疲れない。

実用的な装備を充実させながら、過剰装備を絞って実現した22万1400円という価格も高く評価すべきポイントだ。

SPECIFICATION
全長×全幅×全高 1900×685×1135mm
ホイールベース 1285mm
最低地上高 120mm
シート高 745mm
車両重量 109kg
エンジン形式 空冷4ストOHC2バルブ単気筒
総排気量 124cc
ボア×ストローク 52.5×57.4mm
圧縮比 10.3
最高出力 9.4PS/7000rpm
最大トルク 1.0kg-m/6000rpm
燃料供給方式 FI
燃料タンク容量 6ℓ
キャスター角/トレール 27度/92mm
変速機形式 Vベルト無段変速
ブレーキ形式 前・後 ディスク・ドラム
タイヤサイズ 前・後 90/90-12・100/90-10

PHOTO:玉井 充

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.