2018年11月29日、プジョー 5008 クロスシティ(CROSSCITY)が特別仕様車として登場した。プジョーブランドの7人乗りSUVとして人気の5008のオフロード志向をさらに強調したモデルで、限定台数は設けられていない。

1.6L直4ガソリンターボをベースに設定

今回正規ディーラーから販売が開始されたプジョー5008 クロスシティは、街とオフロードの両方でより上質なドライビングを楽しめることをコンセプトとして機能と装備を充実させたモデルだ。

装備は悪路走破性をさらに高めるアドバンスドグリップコントロール(ヒルディセントコントロール付)に加え、アルカンタラ&テップレザーシート、グリーン系ステッチを施したインテリア、アルミペダル、フロントドアステップガード、ハンズフリー電動テールゲートなどを持つ。

とくに、アルカンタラ&テップレザーシートは、高品位のシートを求めるユーザーから好評で、今回の設定に至ったという。

コンパスをモチーフとしたCROSSCITYエンブレム、Bピラーステッカー、クロームドアミラーも特徴的で、これらが通常モデルとの識別点になる。

パワートレーンは1.6L直4ガソリンターボと8速ATの組み合わせ。また、パノラミックサンルーフ仕様も設定されている。グレード構成、車両価格は次のとおりだ。

画像: 1.6L直4ガソリンターボをベースに設定

パワートレーンは1.6L直4ガソリンターボと8速ATの組み合わせ。また、パノラミックサンルーフ仕様も設定。グレード構成、車両価格は次のとおり。ボディカラーはアルタンスグレー、パールホワイト、エメラルドクリスタル、ビアンカホワイトの4色が設定される。

画像: グリーン系ステッチが施されたアルカンタラ&テップレザーシート。

グリーン系ステッチが施されたアルカンタラ&テップレザーシート。

画像: 悪路走破性をさらに高めるアドバンスドグリップコントロール(ヒルディセントコントロール付)。

悪路走破性をさらに高めるアドバンスドグリップコントロール(ヒルディセントコントロール付)。

画像: Bピラーに備えられたCROSSCITYステッカー。

Bピラーに備えられたCROSSCITYステッカー。

画像: CROSSCITYコンパスロゴ。

CROSSCITYコンパスロゴ。

プジョー5008 クロスシティ主な特別装備

• アドバンスドグリップコントロール
• 18インチ マッド&スノータイヤ
• アルカンタラ&テップレザーシート(ダークグレー)
• フロントシートヒーター
• 運転席電動シート&マルチポイントランバーサポート
• インテリアグリーン系ステッチ(シート、ドアトリム、ステアリングなど) 
• CROSSCITYコンパスロゴ
• アルミペダル
• フロントドアステップガード
• フロアマット

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.