走りの魅力はそのままに優しさを磨いた日本専用車

今年登場した新生ストリートトリプルは、675をベースにフレームを新作し、765㏄へ排気量をアップ。同時に吸排気系も一新し、電装系を含むトラコンなどの各種ライディングアシスト群も充実させている。

先鋒となった最上級グレード・RSのハイグレードでタフな足回りは感激もの。加えて675から大幅に増強された低中速のトルクも、走る場所を選ばないイージーさと強力な瞬発力を発揮。ミドルサイズにリッタークラスのスポーツNKなみの動力性能…という印象だった。

画像: 走りの魅力はそのままに優しさを磨いた日本専用車

今回登場した「R」はそんな新生ストリートトリプル765シリーズの中堅モデル。魅力的な価格のスタンダードスポーツ「S」と「RS」の中間になる。中間グレードともなると、独自の魅力のアピールは難しくなる。どうせならイチバン安いものを、いいものを、と考えるライダーも多いからだ。そこで、トライアンフジャパンはローダウンという「独自の魅力」を追加してきた。

エンジンの基本構成は全て同じだが、このRはRSに対し、エンジンのマッピングが違い、よりフラットな特性でより高回転域まで伸びる118馬力仕様。RSに比べると、サスもフロントのBPFの減衰アジャスターが片側になったり、リアサスがオーリンズに対してショーワになる。この前後サスは短く設定され、RSとホイールトラベル量で比べると、フロントで20㎜、リヤで33㎜ほど少なく、シート形状も違う。これらでシート高を45㎜も低く設定してみせたのだ。

画像: 45㎜ローダウンで足つき抜群!

45㎜ローダウンで足つき抜群!

小柄なライダーに門戸を開いた事は大きな魅力。ただ、ストリートトリプルの身上である走りがどうなったのかは気になるところ。しかし、街中、高速道路、峠道、雨の中とさんざん走って、気になったのはたったふたつだった。ひとつは、不意に大きなギャップを乗り越えたとき、ローダウンゆえ、少しだけ突き上げられる力が強いこと。もっともローダウン仕様だと言われなければ気にならないレベルだ。もうひとつは、ギャップの多いコーナーでリーンさせていくとき、RSに比べギャップの影響を受けやすいこと。ただ、これもRSと比べての話。基本的には乗り心地が非常に良く、よく動く足回りだ。

エンジンは特に低中速域での応答がどの走行モードでもRSより滑らかで、加えてよく粘る。パワーバンドは9000〜1万2000回転で、RSと比べれば荒っぽさが丸められているものの、唸りを上げて勇ましく吹ける力強いパワーに変わりはない。RS同様、このクラスのスポーツネイキッドの中では紳士的で極めて扱いやすいのが魅力だ。

画像: パワースペックはSとRSのちょうど中間となる118PS。このRのみ、エキゾーストパイプに連通管が設けられており、パワー、トルク特性もフラットなものとされている。

パワースペックはSとRSのちょうど中間となる118PS。このRのみ、エキゾーストパイプに連通管が設けられており、パワー、トルク特性もフラットなものとされている。

このバイクはミドルスポーツのサイズやシートの高さに不安を感じるライダーには最適なモデルで、十分にその役目を果たしている。興味があるなら、ぜひ一度試乗することをお勧めする。愉しいぞ。

SPECIFICATION
全長×全幅×全高 2045×735×1060㎜
ホイールベース 1410㎜
最低地上高 NA
シート高 780㎜
車両重量 166㎏
エンジン形式 水冷4ストDOHC4バルブ並列3気筒
総排気量 765㏄
ボア×ストローク 78×53.4㎜
圧縮比 12.65
最高出力 118PS/12000rpm
最大トルク 7.85㎏-m/9400rpm
燃料供給方式 FI
燃料タンク容量 17.4ℓ
キャスター角/トレール 24.9度/105.6㎜
変速機形式 6速リターン
ブレーキ形式 前・後 φ310㎜ダブルディスク・φ220㎜ディスク
タイヤサイズ 前・後 120/70ZR17・180/55ZR17

PHOTO:南 孝幸

公式サイト

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.