何歳になってもバイクには乗っていたい…と言うか、バイクが無いと生きていけない。でも、この先50代、60代となっても軟弱なバイクを選ぶことはしたくない! そう考えている人は、ボクの他にも多いはず。 そんなライダーにちょっと聞いて欲しいお話です。

ずっとバイクで走り続ける

画像1: ずっとバイクで走り続ける

バイクで走ることの素晴らしさ。それを知っていることって、すごく幸せなことです。

ボク自身はバイクで育ってきたようなものだと思っているから、この先も、乗れる限りは乗っていたいと思っています。

じゃあ50代や60代になっても、走り続けられるバイクって何だろう?

画像2: ずっとバイクで走り続ける

そう考えた時、現行車のラインアップで思いついたのはカワサキのバルカンSです。

これはボクが中免を手に入れて、はじめて買ったバイクが250ccの国産アメリカンだった影響もあるかもしれません。

その後、バイクに携わる仕事に就いたボクはスーパースポーツ三昧の時期もあり、走りの楽しさも知ることになります。

だから、という訳ではないですが、やっぱり走りがダメなバイクはNGです。

でも2年ほど前に乗ったバルカンSは、ちょっと印象が違いました。

それを今回のテーマ『何歳になっても走り続ける』で思い出したんです。

画像3: ずっとバイクで走り続ける

2年前は街乗りオンリーだったんですけど、アメリカンクルーザーにしてはずいぶん走るバイクだなと感じていたのを覚えています。

そこで今回、バルカンSって、ずっと乗れるバイクの候補のひとつなんじゃないか?と思い当たった訳ですね。

本当に街乗りだけ、なのか?

画像1: 本当に街乗りだけ、なのか?

バルカンSは『アーバンランナー』と銘打たれているだけあってストリートに映えます。

仮にこんな女子ライダーが乗っていたら、ボクも含め、きっとメンズは目線釘付け確定ですね(笑)

でも! 自分で乗るとなったら気になるのは、やっぱりココでしょう?

画像2: 本当に街乗りだけ、なのか?

前方に足を投げ出すライディングポジション。

生粋のロードスポーツ乗りなら「こんな姿勢でマトモに走れるのか?」って思うはず。

でもバルカンSはさすが国産メーカーですから、外車と違って無駄に足の位置が遠いこともありません。

身長165cmの女の子でも膝に余裕があります。つまりステップは充分に踏ん張れます。

画像3: 本当に街乗りだけ、なのか?

ちなみにシート高は705mmなので、足着き性は世界に数あるバイクの中でも最高の部類です。

小柄な女子ライダーでも超安心レベルだと断言できます。

さて、ちょっと話が逸れましたけど……

だったら、走らせてみよう!

画像: だったら、走らせてみよう!

本当にバルカンSは街乗りだけのバイクなのか?

その疑問を解決するため、ワインディングへ出かけてみました。

フルフェイスヘルメットで乗るバルカンS!

余談ですが、思った以上にサマになりますね。

>>>バルカンSのコーナリングってどうなんだ?>>

This article is a sponsored article by
''.