今回の「スポーツカー写真蔵」は、ホンダのシビック タイプRだ。ファミリーカー的ハッチバックのシビックを徹底的にチューンしたスーパー・ホットハッチは、代を重ねるごとに過激になってきた。(写真:井上雅行)

2世代前の911GT3に近い速さを誇る

現行型シビック タイプRは5代目になる。先代、先々代と同様にイギリスで生産されている。

搭載されるエンジンは先代と同じ2LのVTECターボだが、最高出力は10psアップされており320psを発生する。

トランスミッションは6速MTのみだが、シフトダウン操作に合わせてエンジン回転数を自動で調整するレブマッチシステムを装備している。

その速さは、もはやFFとしては限界に近いと言っていいだろう。ニュルブルクリンクのラップタイムでは7分43秒と、2世代前のポルシェ911GT3に近い速さを誇っているから凄い。

ドライブモードは「スポーツ」と「+R」に「コンフォート」も備えたので、「コンフォート」にしておけば街乗りでも普通に乗ることは可能だ。

シビック タイプR 主要諸元

●全長×全幅×全高:4560×1875×1435mm
●ホイールベース:2700mm
●重量:1390kg
●エンジン種類:直4DOHCターボ
●排気量:1995cc
●最高出力:320ps/6500rpm
●最大トルク:400Nm/2500-4500rpm
●トランスミッション:6速MT
●駆動方式:横置きFF
●タイヤサイズ:245/30ZR20
●車両価格:450万360円(税込み)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.