2018年11月21日、三菱自動車は2018年度内に発売を計画しているデリカD:5を東京オートサロン2019に参考出品する。また、予約注文の受け付けも開始した。

ダイナミックシールドも採用。価格は約385〜425万円?

新型デリカD:5は、フルモデルチェンジではなくビッグマイナーチェンジ。最近の三菱車に共通のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」やマルチLEDヘッドライトを採用し、独特のフロントマスクを形成している。

インテリアでは、オールラウンドミニバンとしての機能性と上質さをコンセプトに、立体木目柄のパネルなどを採用して刷新した。

画像: 新型デリカD:5。ボディカラーは、エメラルドブラックパール。

新型デリカD:5。ボディカラーは、エメラルドブラックパール。

予防安全技術「e-Assist」を装備して安全性を向上させ、パワートレーンは2.2Lのクリーンディーゼルエンジンと新開発の8速スポーツモードATを組み合わせ、電子制御4WDも設定される。

詳細は、2018年度内に予定されている正式発表までは未定だが、車両本体のメーカー希望小売価格は消費税込みで約385〜425万円を予定している。また、三菱の他モデルで人気のある、洗練されたモダンなデザインの「アーバンギア」も設定される予定だ。

画像: デリカD:5 アーバンギア

デリカD:5 アーバンギア

新型デリカD:5を1日でも早く見たい人は、2019年1月11日〜13日に幕張メッセで開催される「東京オートサロン2019」へ!

また、三菱自動車のサイトでは、新型デリカD:5のスペシャルサイトも開設している。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.