2018年11月21日、ポルシェ ジャパンからパナメーラGTSとパナメーラGTSスポーツツーリスモが正式に発表され、正規代理店で予約受注受付が開始された。パナメーラGTS/パナメーラGTSスポーツツーリスモは10月にドイツで発表され、日本への正式導入が待たれていた。

1963年の「904カレラGTS」から続く伝統の名称を受け継ぐ

2018年10月16日にドイツで発表されたパナメーラGTS、パナメーラGTSスポーツツーリスモの日本導入が正式にアナウンスされた。

パナメーラGTS/パナメーラGTSスポーツツーリスモは、モータースポーツのテクノロジーを採用した公道走行可能なモデルという位置付けで、GTSは=グランツーリスモスポーツを意味する。

初めてGTSの名を冠したモデルは1963年にデビューした904カレラGTSで、1980年-90年代には924GTSと928GTSがそのコンセプトを継承。しばらくその名は途絶えていたが、2007年に911カレラGTSで復活を遂げ、その後は2011年のパナメーラGTS、そして今回のパナメーラGTSスポーツツーリスモへと続いている。

新型パナメーラGTS/パナメーラGTSスポーツツーリスモは、4L V8ツインターボエンジン(460ps/338kW)を搭載。スポーツエギゾーストシステム、3チャンバーエアサスペンションを備えるなど、まさにパフォーマンスにフォーカスしたモデルとなっている。

0-100km/h加速は両モデルともに4.1秒。最高速はパナメーラGTSが292km/h、GTSスポーツツーリスモは289km/hと発表されている。

注目すべきは、第2世代のパナメーラで初めてGTSのスポーツツーリスモが導入されたこと。大きなテールゲートと広い荷室、豊富なシートアレンジなどによりGTSの名にふさわしい高い利便性を備えることになった。

車両価格は次のとおり。

画像1: 1963年の「904カレラGTS」から続く伝統の名称を受け継ぐ
画像2: 1963年の「904カレラGTS」から続く伝統の名称を受け継ぐ
画像: パナメーラGTS。ブラックコントラストを施された外装パーツとアルカンターラの内装を含むスポーツデザインパッケージは標準装備。

パナメーラGTS。ブラックコントラストを施された外装パーツとアルカンターラの内装を含むスポーツデザインパッケージは標準装備。

画像: 「GTS=グランツーリスモスポーツ」はパナメーラ スポーツツーリスモにも設定。このモデルこそふさわしいとも言える。

「GTS=グランツーリスモスポーツ」はパナメーラ スポーツツーリスモにも設定。このモデルこそふさわしいとも言える。

画像: 最高出力460ps(338kW)と最大トルク620Nmを発生する4L V8ツインターボ。

最高出力460ps(338kW)と最大トルク620Nmを発生する4L V8ツインターボ。

画像: 通常モデルのパナメーラと同様、ヘッドアップディスプレイを採用。予め選択された項目がフルカラーのディスプレイに表示される。

通常モデルのパナメーラと同様、ヘッドアップディスプレイを採用。予め選択された項目がフルカラーのディスプレイに表示される。

同時にパナメーラシリーズの価格が一部変更

パナメーラGTS/パナメーラGTSスポーツツーリスモの発表と同時に、2019年モデルのパナメーラシリーズの一部モデルの価格が改定されているので、紹介しておこう。価格改定があったモデルは次のとおり。表記のないモデルは従来と同様となる。

画像: 同時にパナメーラシリーズの価格が一部変更
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.