近、ツーリングに行きたい欲に駆られている梅本まどかです。

みなさんはどこか行かれましたか? 紅葉シーズンに突入しましたが、私は紅葉ツーリングといえば、『せせらぎ街道』に行ったのがすごく思い出に残っています! せせらぎ街道は岐阜県高山市から郡上市まで続く全長72kmの道なのですが、走っていて気持ち良く、あっという間に感じました。ですが、振り返るといろいろな事があり…。じつは、せせらぎ街道ツーリングに行ったのが11月の半ばで、もう紅葉が終わりかけていたのです。着いた時には正直、もう半分枯れている景色を見て、少し落ち込みました。初めての紅葉ツーリングで、少しリサーチ不足だったのです。それでも道は走りやすく、空気も美味しかったし、途中で寄った道の駅『パスカル清見』の裏に流れる清流、馬瀬川の景色がすごく綺麗だったり、『大倉滝』では虹が見れたりと、すごく満足できるスポットがたくさんあり、「次は何があるかな♪」とワクワクした気持ちになりました。少し予想外だったのは、『西ウレ峠』に雪が積もっていたこと!! すごくビックリしたのですが、そんな景色もまた違った雰囲気で楽しく、テンションが上がって、思わず休憩がてら雪だるまを作って遊んだりもしちゃいました♪ 晴れた空の下、終わりかけた紅葉道に、滝に、雪にと、いろんな景色の中走ることができて、すごく楽しかったです!

画像1: 【梅日和】「せせらき街道」に紅葉ツーリング【8回目】

せせらぎ街道が楽しすぎて、あっという間に感じてしまい、もっと走りたくなった私は、急遽帰りに「下呂温泉 醫王霊山 温泉寺」に立ち寄り、足湯に入ることに。すると、ここでとても綺麗な紅葉を見ることができたのです!!

結果、念願の紅葉も見れ、紅葉ツーリング大成功かなと思ったのですが、下呂からの帰り道は思っていたよりも遠く、立ち寄ったガソリンスタンドでは寒すぎて転んでしまうアクシデントもあり…(このことは長くなるので、また改めて書きますね!!)。結局家についたのは、予定を大幅に遅れてまさかの夜中の1時過ぎ!!(笑)。

ちょっと楽しみ過ぎな1日となってしまったのですが、ホントに今振り返っても大満足なツーリングでした。去年の反省もふまえ、今年はしっかりリサーチしてから行きたいと思います♪

最新の「梅日和」は月刊オートバイで連載中!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.