2018年11月16日、ジャガー・ランドローバー・ジャパンからディスカバリーの2019年モデルの詳細が発表され、全国の正規販売ディーラーネットワークで受注が開始された。また同時に、ランドローバー誕生70周年を記念した特別仕様「ディスカバリー ゴーアウト エディション」(40台限定)も登場している。

2019年モデルでドライバー支援システムがさらに充実

今回登場したディスカバリーの2019年モデルは、新たな機能として、制限速度や追い越し禁止の標識を表示するトラフィックサインレコグニションや後部座席の乗員が降車する際に接近する車や自転車を検知して注意を促すクリアエグジットモニターを標準で追加したほか、車線を認識して中央の走行を維持するステアリングアシスト機能付ACCをオプションで設定した。

また、「HSE LUXURY」には、エクステンデッドレザーを標準装備し、より高級感を増した車内空間に仕上げている。

2019年モデルと限定車のラインアップおよび車両価格は次のとおり。

画像: 2019年モデルでドライバー支援システムがさらに充実
画像: ドライバー支援システムがさらに充実しているのが大きな特徴。

ドライバー支援システムがさらに充実しているのが大きな特徴。

HSE 3.0L ディーゼルをベースにアクティブなライフスタイルに応える装備を充実

限定車「ディスカバリー ゴーアウト エディション(DISCOVERY GO-OUT EDITION)」はブランド誕生70周年を記念して登場したもので、HSE 3.0L ディーゼルをベースに、7シートの設定をリモートで変更できる「リモート・インテリジェント・シートフォールド」をはじめ、ヒーテッド・ステアリングホイールやヒートシーター、ルーフレール、パノラミックルーフやフロントセンターコンソール・クーラーボックスなど、アウトドアでのアクティブなライフスタイルに応える装備を充実させている。

なお、限定車「ディスカバリー ゴーアウト エディション」の車両価格は949万9000円で、40台限定となる。

画像: ブランド誕生70周年を記念して登場したディスカバリー ゴーアウト エディション。

ブランド誕生70周年を記念して登場したディスカバリー ゴーアウト エディション。

限定車「ディスカバリー ゴーアウト エディション」の主な特別装備

・パノラミックルーフ(マニュアルブラインド付)&ルーフレール(ブラック)
・ヒーテッドウインドスクリーン
・フロント/2列目シート(ヒーター付)
・ヒーテッドステアリングホイール
・フロントセンターコンソールクーラーボックス
・リモートインテリジェントシートフォールドパック(インテリジェントシートフォールド、電動リクライニングリアシート、パワーアジャスト3列目シート)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.