2018年11月15日、ホンダは株式会社ドワンゴと共同開発したiPhone向けアプリ「osoba(オソバ)」のサービスを2019年1月に開始すると発表した。

発話キャラクターには初音ミクを起用

このアプリ「osoba」は、ホンダ S660のセンターディスプレイ装備⾞向けに開発された。USBを経由して取り出した⾞速・⾛⾏距離・外気温・灯⽕点灯状況などの⾞両情報をもとに、適切なタイミングでキャラクターがドライバーに対して発話する無料(通信料はユーザーの負担)のアプリだ。

画像: 写真のセンターディスプレイ装着車向けに「osoba」は開発された。

写真のセンターディスプレイ装着車向けに「osoba」は開発された。

しかも、今回リリースするosoba の発話キャラクターには若者を中⼼に⼈気を得ているバーチャル・シンガーの「初音ミク(ハツネミク)」を起用し、初音ミクの声でドライブがより楽しくなる情報や安全運転に役⽴つ情報、⾞両のメンテナンスに関する情報などをドライバーに提供するという。

画像: osoba 公式サイトのキービジュアル

osoba 公式サイトのキービジュアル

また、osoba のサービス提供に向けて、初音ミク楽曲コンテストをはじめとした企画を展開していく。詳細な情報や今後の展開については、osoba 公式サイトにて順次公開する予定だ。

画像: S660のオーナーには楽しみなアプリが登場した。

S660のオーナーには楽しみなアプリが登場した。

S660のセンターディスプレイ装着車オーナーは、純正ナビアプリを使用している人も多いだろう。
このアプリ「osoba」を使えば、愛車S660とのドライブがさらに楽しくなりそう!?

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.