インターモト2018のスズキブース。新型カタナ発表の晴れ舞台に登場した、ひとりのイタリア人がいた。彼の名はロドルフォ・フラスコーリ氏。新型カタナのデザイナーにして、そのきっかけを作ったコンセプトモデル「カタナ3.0」のデザイナーでもある。オートバイ誌はフラスコーリ氏に、新型カタナ誕生の背景について独占インタビューに成功した。

画像: 新型カタナのデザイナーを独占取材!
ロドルフォ・フラスコーリ氏が語る
新型カタナ誕生の真実

新型誕生のきっかけはイタリアから始まった。
カタナをデザインする「夢」が現実のものに。

画像1: 新型誕生のきっかけはイタリアから始まった。 カタナをデザインする「夢」が現実のものに。
画像2: 新型誕生のきっかけはイタリアから始まった。 カタナをデザインする「夢」が現実のものに。

「まだ少年の頃、カタナを見て衝撃を受けました。それから40年近くが過ぎ、まさか自分がこうして、カタナのデザイナーとしてステージに立っているとは想像もできませんでした。まさに夢のようです」と語るのはロドルフォ・フラスコーリ氏。新型カタナ、そしてその原型となったコンセプトモデル「カタナ3・0」のスタイリングを創り上げた工業デザイナーだ。
 昨年の11月、イタリア・ミラノで開催された国際ショー「EICMA」で、イタリアを代表するバイク雑誌「モト・チクリスモ」誌のブースにカタナ3・0の実車が展示されたところから、新型カタナ誕生という運命の歯車は回り始める。会場での熱狂的な反応、世界中のメディアの注目。しかし、それ以上に、カタナ3・0を見たスズキ自身がこれに刺激を受け、市販化に向けて動き出そうと決断するのである。

画像: カタナ3.0はモト・チクリスモ誌の企画から始まったカスタムコンセプト。ロドルフォ・フラスコーリ氏(中央右)がデザインを担当、アルベルト・ストラザーリ氏(中央左)のエンジンズ・エンジニアリング社が実機制作を行っている。

カタナ3.0はモト・チクリスモ誌の企画から始まったカスタムコンセプト。ロドルフォ・フラスコーリ氏(中央右)がデザインを担当、アルベルト・ストラザーリ氏(中央左)のエンジンズ・エンジニアリング社が実機制作を行っている。

画像: 新型カタナの「原型」となったカタナ3.0は、イタリアのモト・チクリスモ誌が企画したプロジェクト。誌面掲載は2017年の4月からだが、企画自体は1 年も前から入念に準備されてきたものだ。制作されたクレイモデルはエンジンズ・エンジニアリング社が 3D測定、そのデータを基に外装パーツが製作された。

新型カタナの「原型」となったカタナ3.0は、イタリアのモト・チクリスモ誌が企画したプロジェクト。誌面掲載は2017年の4月からだが、企画自体は1 年も前から入念に準備されてきたものだ。制作されたクレイモデルはエンジンズ・エンジニアリング社が 3D測定、そのデータを基に外装パーツが製作された。

「モト・チクリスモ誌の編集長ともともと親しかったという縁もあって、現代の技術でカタナを創ろう、というカタナ3.0のプロジェクトを始めたわけですが、市販化の話をスズキからいただいたときは、興奮でいっぱいだったのを覚えています。私自身、ファーストカタナが非常に大好きで、カタナをデザインするのが私の夢でしたから。
 カタナ3・0にスズキが理解を示し、反応してくれて、市販化しようと決めてくれた。もう、言葉では言い表せないくらいに嬉しかったし、誇らしかったし、夢のようでした」

画像3: 新型誕生のきっかけはイタリアから始まった。 カタナをデザインする「夢」が現実のものに。
画像4: 新型誕生のきっかけはイタリアから始まった。 カタナをデザインする「夢」が現実のものに。

 自身が熱狂的なカタナファンだというフラスコーリ氏。そんなフラスコーリ氏にとって「ケルンの衝撃」と言われた初代のカタナ・GSX1100Sはどんなイメージのバイクなのだろうか。
「初めてファーストカタナを見たとき、このバイクはまさにレボリューションだ、と思いました。スタイリングは非常にユニークで、斬新で、アイコニックなもので、他にこんなデザインのバイクは見当たりませんでしたから。ライディングポジションも独特で、非常に革命的だと思いました。
 その頃の他のバイクと比べても非常に先進的で、まるでバイクの未来を見せられているかのようでした。すごいな、このバイクは10年以上先を行っているんだな、と感じたのを覚えています。カタナという日本語のネーミングもこのデザインに合っている、素晴らしいものでした」…(続きはオートバイ2018年12月号にて)

画像: のちに「ケルンの衝撃」と語り継がれる事となった IFMAショーで発表されたED2。マフラーは右出しの集合タイプだ。

のちに「ケルンの衝撃」と語り継がれる事となった IFMAショーで発表されたED2。マフラーは右出しの集合タイプだ。

画像5: 新型誕生のきっかけはイタリアから始まった。 カタナをデザインする「夢」が現実のものに。
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.