2018年11月9日、三菱自動車は新型トライトン/L200をタイ・バンコクでワールドプレミア(世界初公開)し、17日より販売を開始する。

日本への導入は、今のところ未定

新型トライトン/L200(仕向け地によって名称が異なる)は、タイにおける生産・販売会社ミツビシ・モーターズ・タイランドで生産される1トン ピックアップトラックだ。
タイをはじめとするアセアン、オセアニア、中東、欧州、アフリカ、中南米などに順次展開し、最終的には約150カ国で販売する計画の世界戦略車だ。

画像: フロントマスクには「ダイナミックシールド」デザインコンセプトを採用。

フロントマスクには「ダイナミックシールド」デザインコンセプトを採用。

2018年で生誕40周年を迎えた今回の改良は、フルモデルチェンジではなくビッグマイナーチェンジ。初代から40年間で培った耐久性、信頼性及び快適性にさらに磨きをかけ、デザインを力強く堅牢なものに一新している。

エクステリアでは、フロントに「ダイナミックシールド」デザインコンセプトを採用。ボディサイド全体の厚みを増やし、安定感を加えている。

画像: モダンさと剛性感を表現したインパネ。

モダンさと剛性感を表現したインパネ。

インテリアでは、インパネ全体のウイング形状を継承しつつ、センターパネルはソリッドかつクリーンな造形のフレームで操作パネルとアウトレットを囲み、モダンさと剛性感を表現している。

エンジンは、2.4Lのディーゼルターボと2.4Lのガソリンを設定。ミッションは、グレードにもよるが6速MTと6速ATが用意されている。

4WDシステムは、あらゆる路面状況で最適なトラクション性能とハンドリング性能を実現するスーパーセレクト4WD-II搭載車と、路面状況に応じて走行モードの切り替えが容易なイージーセレクト4WD搭載車をラインアップした。

画像: 日本に導入すれば、けっこう人気を呼びそうなのだが…。

日本に導入すれば、けっこう人気を呼びそうなのだが…。

また、前方車両だけでなく歩行者の検知も可能とした衝突被害軽減ブレーキシステムなど、予防安全・運転支援技術も採用している。

気になるのは日本での販売だが、残念ながら今のところは予定されていない。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.