2018年11月8日、マツダは11月30日から12月9日まで開催されるロサンゼルスモーターショーで、新型「Mazda3」を世界初公開すると発表した。

SKYACTIVの最新技術を搭載

Mazda3は、マツダのCセグメント・セダン&ハッチバック。日本では「アクセラ」の名で発売されていることはご存じのとおりだ。その次期モデルがついにベールを脱ぐことになったわけだ。

画像: 現在公開されているのは、この画像のみ。

現在公開されているのは、この画像のみ。

その次期Mazda3は、日本の美意識の本質を体現することを目指す深化した「魂動デザイン」を採用している。

また、人間の持つバランス能力を最大限に引き出すことを追求した新世代車両構造技術「SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)」や、さまざまな走行シーンで意のままの加減速を可能にする最新の「SKYACTIV エンジン(マツダは公表していないが、おそらく SKYACTIVーX)」などを搭載し、クルマとしての基本性能を向上させているという。

SKYACTIVーXとは、ガソリンエンジン初の圧縮自己着火とスパークプラグ点火を併用する世界初の技術で、新型Mazda3が搭載第1号車となるはずだ。

マツダは、この新型Mazda3から新世代商品の幕を開け、新たな次元の「走る歓び」をユーザーに届けていく。現段階では掲載したカットしか公表されていないが、かなり魅力的なスタイリングのようだ。新情報が入り次第、当サイトでも紹介していく。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.