2018年11月9日、BMWジャパンはフラッグシップ・ラグジュアリークーペの新型BMW 8シリーズ・クーペを発表し、販売を開始した。(タイトル写真はBMWジャパンのP.クロンシュナーブル社長)

美しいボディにV8ツインターボを搭載

BMW 8シリーズは1990年に初代が登場したが、1999年にはフェードアウトしていた。そして2018年のル・マン24時間レースで、2代目の8シリーズが発表された。

画像: 流麗なクーペスタイルは、優雅さと官能的な個性を際立たせている。

流麗なクーペスタイルは、優雅さと官能的な個性を際立たせている。

新型8シリーズは、低く伸びやかなシルエットに、美しいルーフライン、艶麗なリアフェンダーの造形が醸し出す、優雅さと官能的な個性を際立たせるデザインにより、新たなラグジュアリー・クーペとして、強烈な存在感を持つモデルとなっている。

画像: BMWの伝統でドライバーオリエンテッドなインパネ。日本仕様は右ハンドルも選べる。

BMWの伝統でドライバーオリエンテッドなインパネ。日本仕様は右ハンドルも選べる。

インテリアもエクステリアと調和された洗練された高級感をまといながら、前後方向への意識を強調するように設計され、乗員の視線が自然と前方へ向かい、高い走行性能への期待感を煽るようなデザインとなっている。

画像: 本革パワーシートはベンチレーション&ヒーターを内蔵。

本革パワーシートはベンチレーション&ヒーターを内蔵。

搭載されるパワーユニットは、4.4LのV型8気筒ツインターボ。530psと750Nmを発生し、0-100km/h加速は3.7秒というピュア・スポーツカーに匹敵するハイパフォーマンスを実現している。

組み合わされるミッションは8速スポーツAT(ステップトロニック付き)で、BMW独自のインテリジェント4WDシステムのBMW xDrive で4輪を駆動する。

画像: 530psと750Nmを発生する4.4LのV8ツインターボ。

530psと750Nmを発生する4.4LのV8ツインターボ。

BMWのラグジュアリークーペにふさわしく、最先端の運転支援システムも標準装備。さらにパーキングアシストには、車両が直前に前進したルートを最大50mまで記憶し、その同じルートをバックで正確に戻ることが可能なリバースアシスト機能が採用された。

画像: 安全運転支援システムをはじめ、快適装備も充実している。

安全運転支援システムをはじめ、快適装備も充実している。

グレードはM850i xDrive のみで、税込み価格は1714万円。デリバリーは2019年1月からの予定だが、最初にオーダーされた30台だけは、クリスマスに納車となる。

なお、8シリーズのコンバーチブルおよび4ドアのグランクーペは2019年に発表の予定。さらに、それぞれのMモデルも設定が予定されている。

では、発表会でのアンヴェール風景を画像でどうぞ! 前ふりが少し長いのはご容赦ください…。

画像: BMW8シリーズクーペ、デビュー! youtu.be

BMW8シリーズクーペ、デビュー!

youtu.be

■BMW M850i xDrive 主要諸元
●全長×全幅×全高:4855×1900×1345mm
●ホイールベース:2820mm 
●重量:1990kg 
●エンジン:V8DOHCツインターボ・4395cc 
●最高出力:390kW<530ps>/5500rpm 
●最大トルク:750Nm<76.5kgm>/1800-4600rpm 
●トランスミッション:8速マニュアルモード付きAT 
●駆動方式:フロントエンジン4WD
●価格:1714万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.