鈴鹿8耐で展示されたワークスカラーが正式採用に!

画像1: 鈴鹿8耐で展示されたワークスカラーが正式採用に!

250ccクラス随一の高性能を誇る、ホンダのCBR250RR。
先日の鈴鹿8耐で、ホンダブースにHRCワークスカラーをまとった
マシンが展示され、話題となっていましたが、そのカラーが
正式に採用されました!

画像2: 鈴鹿8耐で展示されたワークスカラーが正式採用に!

全日本ロードレースを闘う高橋巧選手が駆るワークスマシン、
CBR1000RRWのカラーリングをモチーフとした新色
「グランプリレッド」を正式採用。スポンサーロゴステッカーが
思わず欲しくなってしまふほど、忠実に再現されたグラフィックです。

画像: グランプリレッド

グランプリレッド

画像: パールグレアホワイト

パールグレアホワイト

画像: マットガンパウダーブラックメタリック

マットガンパウダーブラックメタリック

このほかにも、新色としてストライプのない、単色の「グランプリレッド」が登場。
スタンダードは11月22日から、グラフィック入りカラーは12月14日から発売となります。

CBR250RR
グランプリレッド(ストライプ):78万8400円
CBR250RR<ABS>
グランプリレッド(ストライプ):83万9160円
グランプリレッド、パールグレアホワイト、
マットガンパウダーブラックメタリック:80万6760円

主要諸元
全長×全幅×全高 2065×725×1095mm
ホイールベース 1390mm
最低地上高 145mm
シート高 790mm
車両重量 165(ABSは167)kg
エンジン形式 水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
総排気量 249cc
ボア×ストローク 62×41.3mm
圧縮比 11.5
最高出力 38PS/12500rpm
最大トルク 2.3kg-m/11000rpm
燃料供給方式 PGM-FI
燃料タンク容量 14L
キャスター角/トレール 24度30分/92mm
変速機形式 6速リターン
ブレーキ形式 前・後 φ310mmディスク・φ240mmディスク
タイヤサイズ 前・後 110/70R17・140/70R17

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.