アウトドア、スポーツ、ライダー向けのウェアを中心展開

画像1: アウトドア、スポーツ、ライダー向けのウェアを中心展開

高機能と衝撃の低価格で、ライダーの間でも人気のウェア
「イージス」シリーズを展開しているワークマン。
もともとは作業用ウェアがメインなのですが、ファッション性を増した
アウトドア用ウェア「フィールドコア」、スポーツウェア「ファインドアウト」、
そして透湿、防水、防寒でライダーにも評判の高機能ウェア「イージス」が
近年人気で、今年の10月にはこれら3ブランドをメインとしたショップ
「ワークマンプラス」を東京・立川にオープン、大盛況となっています。

画像2: アウトドア、スポーツ、ライダー向けのウェアを中心展開

今回お邪魔してきたのは、その「ワークマンプラス」の2号店となる
初の路面店、川崎中野島店。オープンは明日・11月8日です。
府中街道沿いで、川崎街道にも近く、東京近郊のロードサイド店としては
かなりの好立地。店内のディスプレイは、まるでオシャレなスポーツ用品店のようで、
誰でも気軽に寄って、商品を手に取りたくなるディスプレイとなっています。

画像3: アウトドア、スポーツ、ライダー向けのウェアを中心展開
画像4: アウトドア、スポーツ、ライダー向けのウェアを中心展開

我々ライダーのお目当てといえば、イージスシリーズと
360°リフレクト透湿防寒防水ジャケット。ライダー向けにリファインされた
新型の360°リフレクト透湿防寒防水ジャケットは11月下旬の発売になりますが、
ここ、川崎中野島店では、従来モデルとイージスシリーズの全商品を在庫展示。
すでに一部のワークマンでは売り切れになっているサイズ、商品も
全部そろっていて、見比べながら購入することができます。
商品の補充も随時行うそうですが、サイズによっては早めの売り切れも予想されるので
欲しい人は早めに行ってみる方がいいかもしれません。

画像5: アウトドア、スポーツ、ライダー向けのウェアを中心展開
画像6: アウトドア、スポーツ、ライダー向けのウェアを中心展開
画像7: アウトドア、スポーツ、ライダー向けのウェアを中心展開

こうして店内のディスプレイを見ていくと、作業用ウェアのお店という印象は皆無。
レディース用のウェアコーナーも充実していますし、最近お母さんたちの間で
クチコミでブームになっている「ノンスリップシューズ」も在庫しています。
このシューズは各店舗で売り切れが続出しているアイテム。
在庫数も限られているようなので、欲しい人は急いだほうが良さそうです。

画像8: アウトドア、スポーツ、ライダー向けのウェアを中心展開

営業時間は他のワークマン同様、朝7時から夜20時まで。
お仕事帰りや、休日の朝などに気軽に寄ってみても楽しいと思います。
この「ワークマンプラス」、11月22日には3号店となる
「ららぽーと富士見店」もオープンしますので、こちらも楽しみです!

WORKMAN Plus川崎中野島店
神奈川県川崎市多摩区生田1-14-17
電話:044-945-1717

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.