1996年公開の「トイ・ストーリー」以来、愛すべき作品を次々と生み出し、アニメーション界をけん引してきたディズニー/ピクサー。今夏に公開された「インクレディブル・ファミリー」で、ついに20作目を迎えました。時を超えて楽しめる不朽の名作20編をぜーんぶ見せちゃいます!

愛され続けてついに20作!

1990'S

「トイ・ストーリー」(1996年)

劇場公開作品としてオールCG長編アニメは世界初!

「バグズ・ライフ」(1999年)

昆虫の世界を舞台に、植物や雨、霧などがリアル。

2000'S

「トイ・ストーリー2」(2000年)

ビデオソフト用に制作したが、仕上がりの良さで劇場公開に!

「モンスターズ・ インク」(2002年)

人を怖がらせるモンスターが、愛されキャラで登場。

「ファインディング・ ニモ」(2003年)

ニモと同じ品種のカクレクマノミがペットとして大ブーム!

「Mr.インクレディブル」(2004年)

ピクサー長編で初めて人間が主人公。アクションも話題に。

「カーズ」(2006年)

車のフロントガラスを目にしたキャラのデザインがナイス。

「レミーのおいしい レストラン」(2007年)

パリを舞台に、料理も美味しそうなビジュアルで表現。

「ウォーリー」(2008年)

壮大な宇宙空間や、表情のないロボットなど挑戦が多数。

「カールじいさんの空飛ぶ家」(2009年)

老人が主人公というのが異例なうえ、感動もダントツ。

▶︎▶︎懐かし作品から徐々に現代へ…▶︎▶︎

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.